カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 水中毒 >
  5. 一日にどれだけの水を飲んだら水中毒になる?

気になる病気・症状

一日にどれだけの水を飲んだら水中毒になる?

人は空気と水なしでは生きていけないことは、誰もが知っていることだと思います。しかし、水分の場合、摂取しすぎると、それが人体の毒になることは意外に知らない方が多いかもしれません。

 

水中毒は自制がきかないことが原因

本来人はのどが渇けば水を飲みますが、ある程度の量を飲めば満足し、飲むことをやめます。

しかし、多飲症の方は、この飲水に関するセルフケア能力が低下しているために自制が出来ず、体重が著明に増加するほどの飲水をしてしまいます。

この過剰な水分摂取により日常の生活にさまざまな支障をきたしてしまいます。

 

多飲症に誘発される

そして水中毒とは、多飲症により誘発されるもので、希釈性の低ナトリウム血漿による諸症状を呈している状態を言います。

多飲症の合併は原疾患の治療を困難にする可能性があり、水中毒は放置すると重篤な身体合併症を起こしかねない重篤な状態に至ることが多くあります。

いずれも早期発見と早期介入が重要となります。

 

私たち人間の体は、成人では約60~65パーセント、老人では50~55パーセントが水で満たされています。

 

 

体内の水は、大きく細胞内液と細胞外液に分けられていて、細胞内に存在する細胞内液は、体内水分の約3分の2を占めています。

 

 

腎臓のろ過機能 

体内のすべての血液は、循環の過程で腎臓を通過し、クリーニングされています。

のクリーニングが正しく行なわれなければ、体内に老廃物が溜まって人体に悪影響を及ぼします。

腎臓は、血液の中の不要物を多量の水(1日に170~180リットル)とともにろ過し、その後まだ必要なものと水分を再び吸収し、残った不要物と水分を尿として膀胱へ送っています。

 

1日に摂る水分の量 

そもそも、人は一日に最大何リットルの水を飲んでも良いようにできているかご存知でしょうか?

 

単純に計算式のみで単純に最大飲水量を算出すると、24時間で23,040mlとなります。

要するに、1日20リットルの水を飲んでも、正常に排泄がされれば、体の電解質のバランスは保たれるという理論になります。

 

ですが水中毒の患者の中には、それ以上の量を飲んでしまったり、排泄機能が低下していたり、何らかの原因があって電解質のバランスを崩してしまいます。

そこで色々な身体症状が出現するために治療が必要となるわけです。

 

よく『一日 1500~2000mlは飲みましょう』と ありますが、日本の湿気のある気候等を考えると、多くの方の場合1300ml程で良いと思われます。 

(Photo by: http://www.ashinari.com/2013/09/27-382595.php)

(イラスト: by 著者) 

著者: kyouさん

本記事は、2016-04-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

水中毒に関する記事

水を飲みすぎると死亡する?!水中毒のこわい落とし穴とは?

「水中毒(みずちゅうどく)」という言葉を聞いたことはありますか? なんと、水を...

水中毒の治療は、多飲の原因を知り、症状のコントロールを図ることが大切です!

        水中毒とは、多飲症により誘発されるもので、希釈性の低ナトリウ...


水中毒の看護は、まず原因と問題点を知ることから!

  多飲症とは、飲水に関するセルフケア能力が低下しているために、体重が著明に増...

カラダノートひろば

水中毒の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る