カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期症状・兆候 >
  4. 腰痛・腹痛 >
  5. ひどい腰痛は流産の兆候??【気になる妊娠初期症状】

妊娠・出産

ひどい腰痛は流産の兆候??【気になる妊娠初期症状】

妊娠初期症状として、腰痛を経験したことがある人はとても多いようです。

痛みがひどくなると「もしかして流産の兆候なの…?」と心配になることもあるかと思います。

 

ここでは、妊娠初期の腰痛の原因・対処法をまとめました。

さらに、流産との関係についても見てみましょう。

 

妊娠中の腰痛の2大原因

妊娠初期に激しく痛む腰痛になることは珍しくありません。

この時期の腰痛は、妊娠したことにより多く分泌されるホルモンの「リラキシン」によるものが多いでしょう。

 

リラキシン

「リラキシン」というホルモンは、妊娠すると多く分泌されるようになります。

 

リラキシンは、赤ちゃんが産道を通りやすくするために骨盤を支えている靭帯を緩ませます。

それにより骨盤が不安定になり、関連する筋肉が緊張することで腰などの関節に負担がかかり、腰痛の症状を引き起こします。

 

痛みの度合は個人差があり、妊娠前から筋力が弱い人の場合痛みが強くなることもあります。

 

妊娠による姿勢の変化

妊娠後期はとくに、赤ちゃんが大きくなるにつれて、プレママは自分の身体の重心バランスを保つために無意識のうちに腰を反らせた姿勢になります。

このような姿勢をとっていると、骨盤にも変化が生じて、腰椎や腰を支えている筋肉に対する負担が大きくなってしまうのです。

 

特に、妊娠前から腰痛をもっている人は、妊娠によってその症状が悪化する可能性があります。

また、この姿勢の変化によって、腰痛以外にも、お尻の痛み、太もものしびれなどが発生する人もいます。

 

妊娠中の腰痛の対処法

血行をよくして改善する

腰回りの緊張をほぐし、血行をよくすることは腰痛を改善する効果があります。

痛くなるからと安静にするばかりでなく、調子がよいときは散歩などで軽く体を動かすことで全身の血行がよくなります。

 

デスクワークの場合は、長時間座り続けることで血行が悪くなりますし、腰への負担も大きくなりますので、定期的にストレッチをしたり席を立ってトイレに行くなどして、体を動かすようにしましょう。

 

また、腰にカイロをあてて温めるのもよいですが、急に激痛が襲ってきたというような腰痛の場合は逆効果になりますので注意しましょう。

 

マッサージや骨盤ベルトで改善

一般的には妊婦さんには施術できないという整体や整骨院が多いですが、中には妊婦さんOKのところもありますので、マッサージをしてもらうのもよいでしょう。

また、腰痛を緩和するためのガードルや骨盤ベルトなども販売されていますので、利用して見るのもいいでしょう。

 

つらい腰痛ですが、お腹の赤ちゃんの影響を考えると、なるべく薬に頼らず自分でなんとかしたいと思う人も多いかと思います。

骨盤を支えるために、普段から運動を心がけることで腰回りの筋力を鍛えておくことも重要だと思います。

 

妊娠初期の腰痛で、湿布は使える?

妊娠初期の腰痛はホルモンの働きによるものであることが多く、たくさんの妊婦さんが経験するようです。

なかには寝返りも辛いくらい痛むこともあり、生活に支障が出ますので早めに治したいと思うことでしょう。

 

しかし妊娠初期は赤ちゃんへの薬の影響が大きい時期でもあり、腰痛の対処法について悩みがちですね。

腰痛対策として一般的な「湿布」は、妊娠中に使用できるのでしょうか。

 

湿布が病院で処方されることも

腰痛があまりにひどい場合、妊婦健診で通っている病院で医師に相談してみるとよいでしょう。

その際、筋肉を緩める薬や湿布が処方されることもあるようです。

妊娠中に使用できる湿布があるということになります。

 

市販品で済ませたいという場合は、価格が安めのものに妊婦でも使用できるものが多い傾向があり、パッケージに妊婦に対する注意書きが無いものであれば使用できる可能性が高いです。

 

湿布に含まれる成分によっては妊娠中に使用しないほうがいいものもありますので、産婦人科以外にかかる場合は妊娠している旨を伝えるようにしましょう。

 

妊娠中の湿布で注意したい成分「インドメタシン」

湿布に含まれることのある「インドメタシン」という成分は、血管を収縮させる強い作用があります。

赤ちゃんにはその血管が閉じてしまうと心臓が停止してしまう「動脈管」というものがあります。

 

インドメタシンが含まれた薬剤を使用したことによりこの動脈管が収縮し、赤ちゃんの心臓が停止したという報告があり、妊婦に対する使用が禁止されることになったようです。

 

大量に摂取しなければまず問題ないという見方もあるようですが、少しでも危険性があるならば積極的に使用したくないと思うことがほとんどでしょう。

市販品でも含まれているものがありますので、パッケージに表記されている成分を確認したり薬剤師に確認してみるとよいでしょう。

 

以上のように妊娠初期でも使用できる湿布もありますが、使用前の確認は大切です。

ストレッチをしたり氷や保冷剤で冷やす、カイロや蒸しタオルで温めるなどの対処法もあります。

 

痛みが強い場合はうまく併用しながらつらい腰痛を乗り切っていきたいですね。

 

腰痛と流産との関係性は?

流産の兆候の一つとして腰痛の症状が出ることもあるようです。

 

しかし、腰痛は妊娠初期の妊婦さんなら誰でも発症し得るものですので、腰痛があるから流産になるということではありません。

 

まずは胎嚢が確認できる5、6週ころに一度病院に行き、正常に妊娠しているかどうか確認しておくことです。

激しい腹痛をともなう、出血しているなど他に気になる症状がある場合は早めに診てもらうとよいでしょう。

 

心拍が確認されるまでは、流産の確立も低くないということで、不安に思いながら過ごすこともあるでしょう。

 

しかし、神経質になり過ぎて他のことが手につかなくなるよりは、適度に動き回って腰回りの血行をよくするほうが痛みの解消にもつながります。

 

痛みをうまくケアし、不安定になりがちな体調をととのえ、心身ともに良好な状態で過ごせるようにしていきたいですね。

(Photo by: [http://www.ashinari.com/])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-05掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

腰痛・腹痛に関する記事

9週から18週までつわり…梅干しおにぎりとグレープフルーツジュースにお世話になりました!

「おしえて!妊娠初期体験談コーナー」でお寄せ頂いた体験談の紹介です。「まりさ...

妊娠してから、走らない、冷やさない、バランスのとれた食事などを心掛けました!

  「おしえて!妊娠初期体験談コーナー」でお寄せ頂いた体験談の紹介です。「マル...

腰痛・腹痛の体験談

生理痛のような鈍痛!妊娠に気付いた頃の変化

私が妊娠に気付いた兆候や初期に体に起こった変化をその時に振り返って書いてみますね(^ ^)☆ ...

私が妊娠発覚した時。妊娠初期症状を全く感じなかった

私の妊娠が発覚したとき、実は予兆も何も感じませんでした。笑 というのも前回の生理後、なかよしし...

カラダノートひろば

腰痛・腹痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る