カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 胃痛・胃もたれ >
  5. 胃痛・胃もたれ…それは生理のせいかも?!その薬は本当に効くの?注意と対策

女性のカラダの悩み

胃痛・胃もたれ…それは生理のせいかも?!その薬は本当に効くの?注意と対策

胃痛・胃もたれには、女性特有の症状があるのをご存知ですか?

現代社会には、ストレスを感じている方がたくさんいます。過労などで、胃痛・胃もたれを感じている人も多いと思います。

 

生理の影響を受けた胃痛・胃もたれ

意外と知られていないことですが、生理の影響を受けて胃痛・胃もたれになる人がいます。

生理前ころからみぞおちあたりが痛み、ひどいと食事も受けつけられなくなります。

 

病院で検査を受けても、とくに異常はないし、病気の兆候もなく、原因もわからないまま処方された薬を服用し、痛みをしのぐ人も多いです。

実は、これは生理によるホルモンバランスのくずれが引き起こす「胃痛・胃もたれ」とされています。

 

ホルモンバランスのくずれが影響していることはわかっていますが、くわしい原因や因果関係はまだわかっていません。

生理前後は、月経前症候群(PMS)の影響で精神がおちこんだり、イライラしやすくなるので、その影響が胃に出ているといった考えもあります。

 

残念ながら、確実な治療方法がありません。

病院で処方された薬を服用し、身体をあたため、ゆったりとしたきもちで過ごすことが、現段階でのいちばんの解決策といわれています。

 

胃薬の服用は慎重に

胃痛・胃もたれが、比較的メジャーな症状となってしまった現代では、たくさんの種類の胃薬が販売されています。

メカニズムの解明により細分化され、胃もたれなどの症状と、神経性胃炎などの症状ではちがう薬となります。

 

胃薬は、起きた症状に合ったものを選ぶことが大切で、ちがう症状の薬を服用しても、なかなか効果は得られません。

逆に、まちがった薬の服用から、胃酸が多く出たり、胃が張ったような違和感を感じることがあるので、慎重に選びましょう。

 

「種類が多すぎて、どれを選んでいいかわからない、自分の症状がいまいちよくわからない」という方は、病院で診察を受けましょう。

少しの胃痛・胃もたれが、大きな病気のまえぶれの可能性もあります。

 

胃薬は服用を慢性化させると、どんどん効き目が弱くなるともいわれます。

まずは、薬の服用が必要なくなるような、健康的でストレスレスな生活をめざしましょう。

 

たかが「胃痛・胃もたれ」ではない場合も

疲れやストレスが胃痛。胃もたれの原因になっていることはよく聞かれます。

しかし女性の場合は、生理という女性特有の理由が考えられます。

 

これは女性ホルモンの影響によると考えられていますが、詳しいことはまだはっきりとはわかっていません。

一般的には生理のときに分泌が増える「プロゲステロン」の影響が大きいのではないかと考えられています。

 

どうして胃痛・胃もたれに女性ホルモンが影響するの?

プロゲステロンは生理前から分泌が増え、子宮の筋収縮を抑制する働きがあります。

この筋収縮の抑制が、隣接する他の内蔵機関にも影響を及ぼすといわれます。

子宮以外の臓器、血管を収縮させるため吐き気や胃痛・胃もたれなどが発生するといわれています。

 

胃痛・胃もたれの対処法は?

薬での対処法として、鎮痛剤を生理予定日の3日前ころから服用すると効果的と言われます。

 

鎮痛剤には、月経痛の原因でもあるプロゲステロンの生成を抑える効果があります。

市販されている鎮痛剤のほとんどにプロゲステロン抑制の効果がありますが、心配な場合には、月経がはじまる前の体調のよい時に専門医を受診されることをお勧めします。

 

普段の生活を見直す

生理に関わる様々な症状の要因とされることに、日頃の生活習慣があります。

生活習慣ですので変えることはなかなか難しいことですが、辛い状態から脱出するためにも一度見直しを行ってみましょう。

 

血行がよくなる食生活を心がけ、適度な運動を取り入れ、疲れやストレスを過度に溜め込まないことが大切です。

適度な食事、適度な運動、適度な休息が全ての病気を改善すると言われます。

その「適度」が難しいのですが・・・取り組みは決して無駄にはならないでしょう。

 

生理のとき限定の胃痛には要注意

生理のときに分泌量が増える女性ホルモンの影響で、子宮をはじめとする臓器の筋収縮が弱くなることがあります。

これは妊娠するためには非常に大切なことですが、普段の生活ではただ辛いだけの可能性があります。

 

筋収縮が弱くなることで胃の働きも弱くなった結果、胃もたれや胃痛が起きやすくなりひどい場合には、胃痙攣ほどの痛さになることもあるようです。

生理の時限定でこういった症状が発生する方は、婦人科系の病気が疑われます。

 

卵巣嚢腫や子宮筋腫といった病気の可能性がありますので、婦人科の診察を受けることをお勧めします。

 

なかなか見つからない胃痛の原因

胃痙攣のような激しい痛みを感じ病院を受診しても、生理が影響している胃痛の場合、原因が中々特定できないことが多いといわれます。

のたうち回るほどの痛みから盲腸を診断され手術を控えた所で、嘘のように痛みが引いた。という話しもよく聞きます。

 

生理に関係する胃痛・胃もたれの場合、生理の少し前及びはじまって間もなくの頃に症状が激しく出るといわれます。

逆にその期間を過ぎると、嘘のように痛みが引いてしまうのです。

 

そういったことが繰り返されるので、病院で診察を受けても原因がはっきりせず「盲腸だろう」「胃痙攣だろう」と診断され処方された薬が全く効かない、といったことも多数あるようです。

 

専門医の受診を

生理の時に限った胃痛・胃もたれが年に数回起きる、程度の方でしたら、鎮痛剤などを上手に使って症状と付き合うこともできるかと思いますが、毎月激しい痛みや胃もたれに悩まされる方は専門医の診察を受けてください。

そしてセカンドオピニオンも利用し、原因が分かるまで受診を続けられることをお勧めします。

 

これは非常に大変なことですし、精神的な負担も大きいと思います。

しかし、自分が大きな病気を持っている可能性がある以上、自分を守れるのは自分だけと考え続けられることをお勧めします。

 

思わぬところに病気は潜んでいるものです。

その症状を慎重に見定めましょう。

 

(Photo by:http://www.photo-ac.com/

著者: niceさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

胃痛・胃もたれに関する記事

その薬は本当に効くの?生理時の胃痛・胃もたれ対策

慢性的な胃痛・胃もたれを感じている方も最近では多いと思います。女性の社会進出に...

生理中の吐き気にはしっかり食べることが重要!なぜ?

生理痛の症状には頭痛、腹痛、腰痛などの他にもあります。さまざまな生理痛の症状...


原因不明の胃痛・胃もたれ…もしかして生理のせいかも?症状を軽く見ないで!

    生理のとき食欲不振に悩まされる方も多いでしょう、逆に食欲が増えてしかたな...

実はそれ、生理痛なんです!原因と対処方法(2)吐き気編

生理中に吐き気をもよおしてしまう人は、少なくありません。これは「吐くほど生理...

カラダノートひろば

胃痛・胃もたれの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る