カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. ものもらい >
  5. まぶたや目が腫れる原因は何?

気になる病気・症状

まぶたや目が腫れる原因は何?

 

一般的にはまぶたの腫れを指す「目の腫れ」ですが、まれに眼球自体が腫れている場合もありますので注意しなければなりません。

 

◆まぶたの腫れ

睡眠不足や過労、うつ伏せで寝ていた後などに生じるまぶたの腫れに関しては心配不要ですが、まぶたが常に腫れてむくんでいるほかに、手足にもむくみが見られる場合には、目以外の疾患が原因になっている恐れがありますので、一度内科を受診して下さい。

 

・麦粒腫(ものもらい)

麦粒腫(ものもらい)でもまぶたが腫れるだけではなく発赤し、痛みが伴います

 

・霰粒腫

目に脂を出すマイボーム腺が詰まることによる炎症で起きる霰粒腫。その多くの症状はまぶたの腫れだけで、痛みは伴いません。また、まぶたの腫れの下にあるしこりは次第に大きくなります。

しこりが小さければ自然に消えてしまうのですが、多くの場合は切開して内容物をかき出す必要があります

 

高齢者の方で、何度も繰り返し発症するようでしたら、霰粒腫ではなく目のガンである恐れがありますので要注意です。

 

・その他の原因

その他にも、ヘアカラー剤や化粧品などによるアレルギーの場合や、帯状疱疹が顔面に生じた場合にも、まぶたが腫れることがあります。

 

また、外傷を負った後など、まぶたの腫れだけではなく物が二重に見えたり、ものが見えにくく視力が低下したように感じられた場合には、骨に異常がある可能性がありますので直ちに眼科を受診するようにしましょう。

 

◆目の腫れ

結膜浮腫が現れ、白目の表面にゼラチンが付着したような状態、つまり眼球自体が腫れるというケースもあります

その多くは花粉などが原因となっているアレルギー性結膜炎によるものですので、1~2日ほどで自然に治癒します。ただし、痛みや痒みが伴うようでしたら受診するようにしましょう

 

また、眼球自体が突出することを眼球突出といいます。片方の目の場合だと、球後(目の奥)に、腫瘍や出血、あるいは炎症などの異常が見られる場合が多いです。ただし急に突出してきた場合には特に要注意です。すぐに受診するようにして下さい。

両目の場合だと、内分泌疾患であるバセドウ病などが原因として考えられます

特に眼球突出の他にも動悸、発汗の異常や手足の震えなどをバセドウ病の特徴的な症状が見られる場合には内科を受診しましょう。

 

 

以上が目やまぶたの腫れの原因になります。上記のように、様々な病気の可能性が考えられますので、異変を感じたらすぐに受診するようにしましょう。

 

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2010/06/07-337379.php])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

ものもらいに関する記事

保育園などでうつりやすい流行目~流行性出血性結膜炎~

         流行目はウイルス性の感染症で、とにかく感染力が強いことが特...

目にものもらいの出来物ができた時にはどうすればいいの?

  目に何か出来ものができていると、皆様は真っ先に「ものもらい」だと判断す...


赤ちゃんにもうつりやすい流行目に注意!

         流行目はウイルス性の感染症で、とにかく感染力が強いことが特...

ものもらいの原因と予防

     ものもらいになると、まばたきすると目が痛い、充血する、ゴロゴロする、ま...

カラダノートひろば

ものもらいの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る