カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 食べ過ぎ・飲み過ぎ >
  5. お酒を飲むと下痢になる原因と仕組みを知ろう

健康診断・健康管理

お酒を飲むと下痢になる原因と仕組みを知ろう

お酒は体質によって強い人、弱い人がいます。お酒をたくさん飲んでもまったく平気な人もいれば1杯飲むだけでもやっとという人まで様々です。

また、お酒を飲んで現れる症状や二日酔いの症状も人によって違いがあります。

 

 

その中でお酒を飲むと下痢をしてしまうという方がいます。どうしてお酒を飲むと下痢をしてしまうのでしょうか。

 

お酒での下痢の原因 その1

「ぜんどう運動と胃腸の傷」

お酒を飲むと下痢になるのは消化吸収の機能があまり働かなくなっているからです。お酒といえば肝臓というイメージを持つ方も多いと思いますが、飲料である以上まずは胃腸を通過しなければなりません。

 

大量のアルコールは胃と小腸の粘膜を少しずつ傷つけながら運ばれていくのでお酒を飲む前にはきれいだった胃や腸は、お酒が通過した後、小さな傷がついたり、ただれたようになってしまうことが多いのです。

 

それに加えてアルコールがぜんどう運動、つまり便を出すための自律神経による運動を活発化するので消化されていないものが体外に出る下痢という症状につながります。 

お酒での下痢の原因 その2

「水分の大量摂取」

お酒に関わらず、大量に水を飲むと下痢を引き起こすことがわかっています。これは単純なことで、数時間で2-3Lもの水分を摂取すれば腸内で水分が吸収できなくなり、そのまま体外に流れ出してしまうためです。

 

例えばジョッキでビールを数杯、チューハイやサワー、水割りなど、飲んでいけばあっという間に3Lです。しかも酔っていくにつれてだんだん正しい酒量の判断が出来なくなってくるので飲みすぎてしまう可能性ももちろんあります。 

お酒での下痢の原因 その3

「胆汁生成の遅れ」

お酒を飲んでその成分が胃腸を通った後は肝臓でアセトアルデヒドに分解されます。肝臓は本来胆汁の生成も行っているのですがアルコールの分解に忙しくなってしまい、胆汁の生成が遅れてしまうことがあります。

 

胆汁が持っている働きは消化吸収を助ける働きで、ただでさえアルコールによって胃腸が傷つき、消化吸収の働きも衰えているのにそれにプラスして胆汁の生成まで遅れると食べたものを消化できずに下痢便として排出してしまうことがあります。

 

 

お酒を飲むと下痢になる原因として考えられるものはアルコールによって胃腸に傷がつくこととぜんどう運動が刺激されること、水分の大量摂取、肝臓がアルコール分解に忙しく胆汁がなかなか生成できないなど、理由はいくつかありますが、そもそもは自分の適量を知って、飲みすぎないことが重要と言えそうです。 

(Photo by:http://www.photo-ac.com/ ) 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-04-24掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

食べ過ぎ・飲み過ぎに関する記事

消化器以外にも!飲み過ぎの影響

  アルコールを摂取しすぎると体にどのような弊害をもたらすのでしょうか。一過性...

飲み過ぎによる嘔吐からの吐血に注意!

  お酒を飲みすぎると、悪酔いしてしまって嘔吐してしまうことがあります。吐いて...


食べ過ぎた翌日は体に優しくするべし

  食事をとることは体に必要な栄養を吸収するということであり、生きていくために...

食べ過ぎて下痢になったら…原因、対処法まとめ

食べ過ぎによって体調に支障をきたすことはあると思います。中には食べ過ぎたとき...

カラダノートひろば

食べ過ぎ・飲み過ぎの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る