カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃痛・胃の荒れ >
  5. 食べすぎの胃痛~胃が胃を攻撃している!?

気になる病気・症状

食べすぎの胃痛~胃が胃を攻撃している!?

 

食べ物を摂取しすぎると、胃に大きな負担がかかります。これは大量の食べ物が胃に入ることによって、消化が間に合わずに消化不良を起こしてしまい、胃がオーバーワークをしている状態です。

  

食べすぎで胃が痛いのはなぜ?

食べ過ぎによって胃痛がある場合、それは得てして胃液によるものと考えられます。胃は体に入ってきた食べ物を消化するために胃液を出し、それを食べ物と混ぜることによって消化していきます。

つまり食べ過ぎの状態、すなわち食べ物が体の中にたくさん入ってくる状況では、胃液は食べ物の量に応じて大量に分泌されることになります。

 

そもそも胃は食べ物を溶かすような強力な胃酸から胃自身を守るために胃の内側が粘膜でおおわれています。しかしたくさんの胃液が一度に分泌されてしまうと、この胃粘膜までもがダメージを受けて炎症を起こしてしまうのです。

そのため胃自体がダメージを受け痛みを感じるのです。

 

消化不良の症状とは違う

胃痛は消化不良の状態とはまた違います。消化不良の場合、消化が追いつかないことで腹部の不快感や胃もたれ、吐き気などを感じます。

消化不良の場合、症状がつらい場合には消化促進の薬を飲むと思いますが、胃酸が出すぎて胃痛が起きているような場合には、H2ブロッカーや胃粘膜修復薬、制酸薬、複合胃腸薬などを服用するとよいでしょう。

 

粘膜保護に牛乳がいい?

胃痛がある場合には粘膜を保護するために温めた牛乳や納豆などを食べると症状が軽減される場合があるようです。症状が治まってきたら胃を空にしないように、胃に優しい食べ物を入れてあげるとよいでしょう。

 

特に普段からストレスなどで胃酸過多になりがちな人は、胃酸が分泌されやすくなる傾向がありますので注意しましょう。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●空腹時の胃痛や吐き気を和らげる方法は?

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-04-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

胃痛・胃の荒れに関する記事

荒れた胃の症状と胃薬の種類

  食べ過ぎ、飲み過ぎなどによって、胃が荒れているなと感じるとき、場合によって...

『ガスター10』などの胃腸薬の飲みすぎが、骨粗しょう症リスクを高める?

薬剤の副作用により骨粗しょう症のリスクが高まるものの代表としてステロイド剤があ...


お腹がすくと吐き気がする!それは胃腸が弱っているサイン??

お腹がすくとムカムカする、吐き気がする…。 なんだか胃が弱っている気がする...

こんな胃の症状のとき、どんな食べ物を食べる?

  食べ過ぎて胃酸が出すぎたり、胃がうまく動かなくなることによって、胃に不具合が...

カラダノートひろば

胃痛・胃の荒れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る