カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. 爪を挟んで爪下血腫!溜まった血液の処置はどうすればいいの?~爪の内出血治療~

気になる病気・症状

爪を挟んで爪下血腫!溜まった血液の処置はどうすればいいの?~爪の内出血治療~

指をぶつける、挟むなどしてできた爪下血腫。この血腫(溜まった血液)の処置はどうするべきでしょうか。血腫の処置について説明します。

 

血腫を抜いた方が良い場合

血腫が大きく、爪の3分の1以上を占めるようなら、抜いた方が良いでしょう。新しく生えてくる爪の形を整え、巻き爪防止になります。痛みが強い時も、血腫を抜くことをお勧めします。

 

血腫ができた位置も重要です。爪の先なら新しい爪への影響が少ないのですが、爪の根元だと新しい爪に生えかわるまでに時間がかかるでしょう。

 

血腫の処置法

血腫の処置は、細菌感染の防止が大切です。ゼムクリップなどの針の先を熱し、消毒して使います。血腫の中心部分か、上から押して痛みを感じる部分に針を慎重に射して穴を開け、軽く押して血腫を抜きます。勢いよく針を刺すと指まで傷つけるので、気を付けましょう。

 

血腫を抜いた部分は消毒し、ガーゼを当てた上からテープを巻いて固定します。血腫を抜いた後は「圧迫して固定」が基本です。

 

 

血腫を抜かない方が良い場合

小さな血腫で痛みもない場合は、自然治癒に任せて大丈夫です。痛みの有無が1つの判断基準といえます。痛みがないのは血液があまり溜まっておらず、炎症も起こっていない表れです。

 

無理をせず病院へ

血腫を抜く処置は自分でもできますが、感染と痛み、爪や指が傷つくことを考えれば、病院で処置するのが安心です。病院での処置も爪に穴を開けて血腫を抜き、圧迫して固定する方法で行います。痛みが強いなら、局所麻酔を用いる場合もあります。

 

炎症が強い時は、病院で処置しましょう。外科、形成外科、皮膚科などで処置を受けられます。

 

自分での処置は、くれぐれも衛生的に。決して無理をしないでください。

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-04-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

手に関する記事

骨折、打撲、捻挫、脱臼…内出血がひどい場合は病院へ!~突き指の症状~

「突き指」とひと言でいっても、その症状は多様です。適切な治療をするため、知っ...

槌指は治療とともに回復段階に応じたリハビリが大切!~指関節の内出血を生じるケガ~

  スポーツ中の受傷で発症しやすく、指関節の内出血をともなう槌指では、治療...


指が動かなくなることも!?指の腱鞘炎、ばね指の症状

手には非常に多くの骨、関節、腱などから成り立っており、とても複雑な動きができま...

超音波を使って手指の骨折を治療できる?!超音波治療の効果や注意点

    スポーツや作業で使う機会が多くて衝撃を受けやすく、骨が細い手指は...

カラダノートひろば

手の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る