カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. アトピー性皮膚炎 >
  4. かゆみ対策 >
  5. かゆみが収まらない時の対処法

アレルギー

かゆみが収まらない時の対処法

kayumi.jpg


■かゆみが治まらないときは?


・冷やす


冷やすとかゆみはやわらぎます。
冷たいという感覚がかゆみ神経の活動を抑えるからです。
冷たいおしぼりやアイスノンをやわらかい布に包んで患部にあてる、冷房を強くする、冬なら暖房を切るなどの工夫も必要です。

最近では、保湿外用薬もスプレーになっていて、冷やす効果があるものも市販されています。たとえば、100%精製ツバキ油スプレーは、かゆみの抑制効果があることが知られています。このようなスプレーを携帯しておくことも考えてみてください。

・「別のことを考える」、「無視する」。


別のことを考えて、かゆみに意識が集中しないようにすることです。
体を動かす、好きなことをする(本を読む・ゲームをする)など、意識を他に向けることは大切です。
子供の場合、遊びに集中しているときは、ほとんど引っ掻いていていないのを、お母さんは気づいていると思います。

・飲み薬


現在、手に入るかゆみ止めの飲み薬は、抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬と呼ばれるものです。
どちらも、かゆみを起こすヒスタミンという体内の物質を主に抑えることでかゆみ止めとして働きます。薬によっては、その他に炎症を抑える力を持つものもあります。

また、薬によっては眠気を感じるものもありますが、かゆみ止めの効果も眠気の副作用もかなり個人差があります。
主治医と相談しながら、自分に一番合ったかゆみ止めを見つけるようにしましょう。

これらの薬を飲むことによってアトピー性皮膚炎のかゆみをある程度やわらげることができますが、完全に止めることはできません。
アトピー性皮膚炎のかゆみには、ヒスタミンだけではなく、他のいろいろなものが関与しているからです。

かゆみ止めの飲み薬を、ステロイド外用薬やプロトピック軟膏などの外用薬と組み合わせることによって、より強いかゆみの抑制効果を発揮することができます。
かゆみ止めの飲み薬は、あくまでも補助療法です。
かゆみや炎症が激烈な場合には、セレスタミン、プレドニン、リンデロンなどのステロイドの飲み薬を一時的に服用する場合もあります。
その場合、特に副作用を出さぬよう、主治医の指導通りに服用することが大切です。 

(photo by http://b.hatena.ne.jp/articles/201008/1562 )

著者: ryoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

かゆみ対策に関する記事

かきむしりたいけどグッと我慢…虫刺されのかゆみ対策に使える日用品知ってますか?

  虫刺されは掻いてはいけないとわかっていても、襲ってくるかゆみに対抗しがたい方...

アトピー性皮膚炎によるストレスにも!リフレクソロジーでケア

  ■さまざまなストレスの元アトピー性皮膚炎は、かゆみだけではなく、それに伴うス...


かゆみに効く塗り薬

    かゆみの治療には、スキンケア・セルフケアと並んで薬物療法がありま...

掻きむしり防止でアトピー症状改善を!

  乳児湿疹やアトピーの天敵、子供の掻きむしり。湿疹で肌がかゆくてそれを掻きむ...

カラダノートひろば

かゆみ対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る