カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. メンタル >
  5. マスクの背景にある、ストレスや不安…子どものマスク依存は原因を知ることが解決の糸口

育児・子供の病気

マスクの背景にある、ストレスや不安…子どものマスク依存は原因を知ることが解決の糸口

伊達マスクを知っているでしょうか。若い子たちに多く見られるもので、医療的な意味ではもちろんなく、ただのオシャレでマスクをしているのともちょっと違うようです。

 

伊達マスクで隠す「自分」

伊達マスクをすると、顔の大半を隠すことができます。人は、特に女性であれば、化粧などをして素顔の自分を覆うと、自信が出てくるといいます。

化粧もマスクと同じ、素の自分を覆い隠していることで、違う自分になったように感じ、自信を得られます。

 

マスクでも、顔の大半を隠すことによって素の自分を隠すことができます。それによって、自分をさらけ出すことからのストレスを軽減する、一種の防御反応として伊達マスクがあると考えられます。

 

マスクが外せなくなったら危険!

普段生活をするときに、この伊達マスクをしているという子は、ちょっと注意が必要です。女性であれば、化粧をしていないときにマスクをするという方はいるようですし、これくらいならばあまり問題はありません。

ですが、以下のようになってしまうと、単なるマスクの範囲から、超えた問題が生じているかもしれません。

 

・常にマスクをしていないと落ち着かない

・マスクを外したくても外せない

・睡眠、入浴、食事以外で外せない

 

こういったところまで、マスクが欠かせない状態になっている場合、マスク依存症とも言えます。

 

伊達マスク依存症はきちんと解決を

伊達マスクの背景にあるのは、「素の自分に自信がない」「人とのコミュニケーションが苦手」という心理です。

 

伊達マスクをすることで、こうしたストレスから解放されるとなると、さらに伊達マスクへの依存が強くなります。

そうすると今度は、伊達マスクを外すことに強いストレスを感じるようになり、強い不安感を感じてしまうのです。

こうした心理機序を考えると、一種の不安障害と言ってもいいかもしれません。

 

あわせて読みたい!伊達マスク、場面緘黙症、自家中毒


専門家に相談するときは…

もし上記のような症状がある場合には、マスクへの依存が進行してしまう前に、心療内科やカウンセラーといった専門的な方に診てもらいましょう。

お子さんであれば、保健室の先生や学校カウンセラーの先生に、気軽に相談しても良いと思います。

 

しかし、そうした特別な知識のない先生となると、伊達マスクを問題視しないこともあります。なるべく専門の方に、早期に相談しましょう。

 

心理的な問題は、こじらせると治療に時間がかかります。

「マスクをしているだけでいいなら、それでもいい」のではなく、その背景にある、ストレスや不安というものをきちんと見てあげてください。 

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-04-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

メンタルに関する記事

小さな子供でも精神病・パーソナリティ障害になることはあるの?

  子供のうつ病や精神障害は考えにくいことですが、実は2007年の厚労省の調査...

PTSD(心的外傷後ストレス障害)にかかった子どもに必要な周囲のケア

  PTSDにかかった子どもには周囲のケアが必要です。 ●応急処置として...

メンタルの体験談

次女2歳がチック障害に?きっかけや原因、症状について

2歳3か月になる次女。 先日からまばたきが強いというか、ギュッ、ギュッという感じのまばたきをするよ...

3歳で自閉症スペクトラムと診断。突然わが子が障害児と診断されたら

息子が3歳で自閉症スペクトラムと診断された医者には、 「お母さんがまず自閉症について勉強してくださ...

カラダノートひろば

メンタルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る