カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. >
  5. ウイルス性胃腸炎への対処法

育児・子供の病気

ウイルス性胃腸炎への対処法

誰かがかかれば家族全員に感染、ということもあるウイルス性胃腸炎。

代表的なノロウイルス、ロタウイルスへの対処方法をご紹介します。

 

○ ウイルス性胃腸炎の症状

嘔吐、下痢などの症状を主とし、熱は1-2日程度でおさまることが多いです。

大腸菌等の細菌性胃腸炎に比べ、腹痛・血便が少なく、下痢が水様になることが特徴です。

脱水からチアノーゼをおこすなど、乳幼児では重症化することも少なくありません。

 

○ 治療方法

嘔吐が激しい時は、一時食事をやめ、水分をこまめに取ることが重要です。

脱水と診断された場合は、点滴療法がとられることがあります。

ウイルスを出し切るためにも下痢止めは処方されないことが多いです。

 

○ 感染予防

食品からのウイルス感染は、十分な加熱で予防できますが、感染力が極めて強いウイルスのため、集団感染が多々発生します。

 

非常に感染力の強いウイルスで、患者の吐しゃ物、便等に感染力のある菌が残っていることが多くあります。片付けるときは使い捨てのエプロン、マスク、手袋を着用し、ペーパータオル等で拭き取ります。拭き取ったものは、次亜塩素酸ナトリウム(ハイター)につけてビニール袋内に密閉し、廃棄します。また、床、周囲の壁等も推奨される濃度のハイターで拭きます。

 

乾燥したウイルスは空中に漂うため、汚物は乾燥する前に拭くこと、また換気も十分に行いましょう。

 

また、部屋のカーテン、ドアノブなどからも菌が発見されることもあるそうです。ハイターや、煮沸消毒(85度1分以上)するなど、徹底的に菌を除くことが望ましいです。 

<Photo by http://www.ashinari.com/

著者: suzuさん

本記事は、2016-04-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

腸に関する記事

出生前に可能性がわかる~先天性腸閉鎖症・腸狭窄症

    腸は食べたものから栄養を吸収するための重要な器官です。うまれつき...

【乳児の育児体験談】胃腸炎による脱水症状

    元々水分を取りたがらない子どもだったのですが、 それが災いして...

腸の体験談

白い便・ロタウイルス!?

先日の気管支喘息から食欲が無く、ぐずる日が続いています。 珍しく朝からウンチをしたようだったのでオ...

小腸狭窄その後

退院後の追記を少々。 家に帰ってからも、母乳だけという事はなく、エレンタールという栄養補水液のよう...

カラダノートひろば

腸の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る