カラダノート
みんなでつくる、家庭の医学
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 統合失調症 >
  4. 症状 >
  5. 言動、行動がおかしいと感じたら…もしかしたら統合失調症!?

メンタル

言動、行動がおかしいと感じたら…もしかしたら統合失調症!?

著者: akiakiさん

0
ブックマーク数: 0
文字サイズ 標準 拡大
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

身近な人の言動、行動がおかしいと感じたら「統合失調症」を疑いましょう!

 

お子さん、兄弟、親、友人などが最近おかしな行動を取るとか、おかしな言動をするようになったと感じたら、もしかしたらそれは「統合失調症」という精神病かもしれません。統合失調症は別名「精神分裂症」と言います。

 

どうして統合失調症になるの?

統合失調症の原因は未だ解明されていませんが、脳内神経伝達物質である「ドーパミンの分泌異常」が原因だという説が今のところ濃厚です。

 

ドーパミンとは

神経を興奮させ、快感陶酔感を与えます。

また、攻撃性、創造性、運動機能などを調整する働きがあります。

 

統合失調症の発症時期

80%の方が主に青年期(10代後半~30代半ば)に統合失調症の典型的な発症が見られます。10%~20%の割合で小児期や老年期での発症が見られます。

 

統合失調症の特徴と症状

・自らが精神病であるという認識に欠けている

・妄想と現実を同一化する

・幻覚が見える(幽霊が見えるなど)

・支離滅裂な会話をする

・会話の途中で脱線してしまう

・支離滅裂な行動をする

・思考障害(※ノイローゼや思考異常)

・意欲の欠如

・無感情

・注意障害(※注意力が低下していつもぼ~っとしている、呼んでも返事がない、物事に集中することができない)

・社会的ひきこもり

 

治療方法は?治るの?

統合失調症は自然に治る病気ではありません。精神科のある病院で治療を行わなくてはなりません。

・薬物療法

・精神科リハビリテーション

・カウンセリング

などの以上の3つを組み合わせて行うのがベストです

きちんとした治療を行えば必ず治る病気です。

 

※統合失調症における治療は、早期の抗精神薬の投薬が鍵となります。

 

統合失調症を発症している方の多くは、自らが精神病だという認識に欠けており、治療を拒む場合が多いと言われています。

治療を拒んだ時に大切なのが家族の対応です。

無理やり病院へ連れていってはいけません。

訳の分からない事を言ったり、理解できない行動をしたからと言って怒ってはいけません。

まずは家族の方が病院へ足を運び、医師に相談しながら治療方針を決めていく事をオススメします。

 

(photo by:http://www.ashinari.com/2010/10/29-037019.php?category=317)

 

本記事は、2013-04-21掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

相談ひろば

メンタルのお悩み相談

あわせて読みたい記事

症状 に関する関連記事

統合失調症の症状

  統合失調症には、脳の機能である思考に大きく影響を与える症状が出ます。 思考...

統合失調症の種類

  統合失調症というのは、原因不明であり脳の代謝異常による精神面でのバランスが...


統合失調症による自閉症状

  統合失調症には表だった妄想や幻覚、疑心暗鬼などだけでなく、自閉症のような陰...

関連する病院の診療科目
症状の人気記事ランキング
メンタルの相談ひろば閲覧ランキング
人気記事総合ランキング
その他ランキング
オススメ検索ワード
関連サイト
ブックマークは20件まで登録可能です
上へもどる