カラダノート
みんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気(女性特有) >
  4. >
  5. その他 >
  6. 放っておいてはいけない膣口のしこり*バルトリン腺のトラブル

女性のカラダの悩み

放っておいてはいけない膣口のしこり*バルトリン腺のトラブル

著者: Roddyさん

7
ブックマーク数: 0
文字サイズ 標準 拡大
26,392 views

 

 

女性の膣口の左右に一対、バルトリン腺という分泌腺が存在します。性交渉時の潤滑を促進する粘液を分泌する器官ですが、膣の入り口にあるということもあり、細菌などに感染しやすい場所です。このバルトリン腺に大腸菌やブドウ球菌などの一般菌、あるいは、淋菌などの菌が入り込んで炎症を起こすのが、バルトリン腺炎といい、それが化膿するとバルトリン腺膿瘍、慢性化したものがバルトリン腺嚢胞と呼ばれます。

 

 

〇症状

・バルトリン腺炎、バルトリン腺膿瘍

 バルトリン腺が細菌などによって詰まり、分泌液が排出されずにしこりになり、開口部は赤くはれて痛みを感じることもあります。炎症が進むと膿瘍を形成し、こぶのようになります。進行に応じてはれや痛みが強くなり、座ったときや歩行時に痛みを感じます。通常は左右どちらかに発症しますが、両方の腺を発症することもあります。

・バルトリン腺嚢胞

 バルトリン線炎が慢性化する、あるいは最初から慢性化の症状になることもあります。嚢胞になると痛みを感じることは少ないですが、歩行時や性交渉時の違和感を覚えます。

 

〇治療

バルトリン腺炎のように軽度の場合には抗生剤の投与を行いますが、膿瘍や嚢胞に対しては外科処置が行われます。手術の療法はいくつかありますが、基本的には切開し、たまった膿を出す手術です。しかし選択する手術方法によっては再発率も高いので、医師との相談が必要です。

 

 

 

この病気は膣口にたまご大のしこりができることもあります。軽い症状のうちに適切な処置を受けましょう。

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2009/09/20-027714.php?category=34])

本記事は、2013-05-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

カラダノートひろば

今回もダメだ〜

今回の排卵予定日が 11月6日でその日含めて周辺当たりで彼と仲良ししました。 9日〜18日は...

妊娠検査薬今から

先月は11日 今月はまだ こちらのアプリでは 13日にくる予定でした。 何日かのずれ...


背が伸びないようにするには?

私は中学2年生のじょしです❤ 私は身長が168cmあります。 これ以上伸ばしたくないのですが、 ...

病気?

今年7月に出産しました! 実は性病なのではないかと 心配しています(´・_・`) 汚い表現があ...


妊娠初期症状について

一週間ぐらい 吐き気と眠気があるんですが これって症状ですか? ...

中学生ですが、生理前が辛い

助けて!長文ですが…生理一週間前なのですが、吐き気が酷くまともに生活できません。 多分PMSだと思い...


セックス

彼氏とセックスしたいんですケド… 怖くてナカナカできません...

茶色のおりものが…病気ですか?

昨日の夜お手洗いに行きみると 下着に茶色のおりものが着いていました…生理?と思いましたが次の生理予...


茶色のおりものから少量の出血…妊娠?病気?でしょうか…

13日(排卵日予定日)にゴム無しの外だしで仲良くしました。 そして昨日の夜、お手洗いに行くと 茶...

生理

生理日予定から4日間生理が遅れてます>_< おりものとかはぜんぜんでてないんですけど、眠気とか他の...

あわせて読みたい記事

その他 に関する関連記事

外陰部が癒着する前に!萎縮性膣炎の治療~

  閉経後に、おりものの異常や陰部のかゆみと言った症状が出た場合、もう妊娠する...

萎縮性膣炎の投薬治療~女性ホルモンを増やす治療!~

  口は外の世界に対して開かれている体の器官です。これと同様に膣も外界に対して...


別名老人性膣炎!萎縮性膣炎の治療では対処両方も大事です!

  老人性膣炎と言われる疾患があります。老人性と言われてしまうと高齢の方にしか...

清潔さが萎縮性膣炎の予防のカギ!寝たきりの場合は注意

  何らかの原因で女性ホルモンが減少すると萎縮性膣炎を生じることがあります。萎...


漢方で解消できる?萎縮性膣炎の対処法

  膣内は卵巣が分泌するエストロゲンという女性ホルモンの作用によって、粘膜がつ...

直腸膣瘻によってもたらされる問題

  直腸膣瘻の特徴は一言で言えば、直腸と膣がトンネルで繋がってしまうと言うこと...


閉経後だけじゃない!産後になるかもしれない?!萎縮性膣炎

  妊娠から出産までは精神的にも身体的にも不安定な時期が続きます。しかし出産し...

前身?局所?女性ホルモンを補充する選択肢

  閉経後の女性に多く見られる疾患に萎縮性膣炎という疾患があります。老人性膣炎...


いきむとできやすい!直腸瘤

  身体の中にたまった老廃物を排泄する出口である直腸は、その役割から様々な...

関連する病院の診療科目
その他の人気記事ランキング
女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング
人気記事総合ランキング
その他ランキング
オススメ検索ワード
関連サイト
ブックマークは20件まで登録可能です
上へもどる