カラダノート
みんなでつくる、家庭の医学
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 耳管狭窄症 >
  5. 思春期男子は耳の異変に要注意!

気になる病気・症状

思春期男子は耳の異変に要注意!

著者: respo naokoさん

0
ブックマーク数: 0
文字サイズ 標準 拡大
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

思春期に耳の聞こえが悪くなったり、つまった感じがしたら要注意!!

 

耳の聞こえが悪くなったり、詰まった感じがする症状を、耳管狭窄症といいます。

この耳管狭窄症には、原因が潜んでいるのです。

上咽頭血管線維腫(じょういんとうけっかんせんいしゅ)の疑いがあるかもしれません。検査をしましょう。

 

耳管狭窄症とは??


耳管という管が耳の中にありますが、そこの働きが悪くなることです。唾液の飲み込みやあくびの後などに中耳腔の圧が下がることで、鼓膜の振動が悪くなります
その時の症状として、聞こえが悪くなったり、詰まった感じがします
原因は様々ありますが、思春期男子には上咽頭血管線維腫に注意してください。

この病気が原因で耳管狭窄症を発症しているかもしれません。


上咽頭血管線維腫とは??チェックしてみましょう!


若年の男性に多い病気です。
上咽頭に発症する易出血性の腫瘍です。良性腫瘍ですが、周囲の組織を圧迫したりするので悪性腫瘍と同様の経過処置をします。

 

●初期症状●
□長期的に鼻づまりが続いていませんか?鼻声ではありませんか?
□大量の鼻血が長期的に続いていませんか?

 

●中度~重症●
□耳の中の閉塞感(詰まった感じ)、難聴(聞こえづらい)という症状はありませんか?
□眼球突出や頸部の腫れはありませんか?
□目のかすみはありませんか?

 

上咽頭血管線維腫の診断・治療方法


この病気を調べるには、内視鏡やCT・MRIです。

CTはエックス線を照射する方法で、MRIは強力な時期によって検査する方法です。
いくつかの検査を併用し、場所の特定や病気の特定をします。

その後手術をし、腫瘍を摘出します。

 

場所によっては、脳を圧迫することもあり、緊急を要する場合もありますので早めに検査を受ける事をお勧めします
この腫瘍自体は血管が主ですので、大量の出血が予想されます。

 

手術の際は、腫瘍への血流の流れを遮断してからの手術となります。
腫瘍の状態によっては、放射線療法やホルモン療法を用いられることもあります。

 

早めに治療を行えば命にかかわるような重大な病気ではありませんが、放置しておくとその腫瘍が脳を圧迫し意識障害や、生命の危険を引き起こすことにもなりかねません
少しでも初期症状の疑いがあれば、耳鼻咽喉科にご相談ください。


 

(Photo by: http://freebies-db.com/free-illustration-sotsugyo-blazer.html)

本記事は、2013-06-24掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

相談ひろば

気になる病気・症状のお悩み相談

あわせて読みたい記事

耳管狭窄症 に関する関連記事

子どもの耳管狭窄症 ~扁桃腺肥大には要注意!!~

扁桃腺肥大とは? そもそも扁桃腺という場所は、鼻や口から侵入する病原体と闘...

覚えておこう!耳管狭窄症の症状から治療まで!

  耳管狭窄症ってどんな症状? 耳の聞こえが悪い、つまった感じがする、自...


耳管狭窄症への鍼灸治療とは?

  耳周りの疾患に対しては鍼灸治療で効果が見られる事がよくあります。 そ...

関連する病院の診療科目
ブックマークは20件まで登録可能です
上へもどる