カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. ドライアイ >
  5. 白目から血管が生まれる?!角膜新生血管とは?

気になる病気・症状

白目から血管が生まれる?!角膜新生血管とは?

 

コンタクトレンズの使用方法、気を付けていないと…

 

角膜新生血管という病気をご存知でしょうか?

 

この病気は使用期限が過ぎて酸素透過性の落ちたコンタクトレンズを使い続けることなどによって、角膜(黒目)が酸素不足になり、角膜に酸素を運ぶための血管が伸びていくという病気です。角膜には本来血管がなく、透明です。角膜が酸素や栄養を補給するには、空気や涙などから得ています。角膜に酸素と涙が行き渡らず、慢性的な酸素不足に陥った場合、酸素を供給しようとして、眼球は角膜の周辺から中心(白目から黒目)に向かって細い血管を作り出します。これが、角膜新生血管です。

 

角膜新生血管の原因とは?

 

この症状が、主にソフトコンタクトレンズを使用している方に多くみられるのは、ハードコンタクトレンズに比べ、角膜を覆う面積が大きいためであると考えられています。

 

原因は、

 

1)コンタクトレンズの汚れや

2)長すぎる装用時間

3)コンタクトレンズの使用期間を守っていないこと

 

などがあげられます。


残業が続き、疲れていたため、コンタクトレンズをはずさずに眠ってしまう生活が続いた。最初は充血だけだったが、異物感を感じるようになり眼科に行ったところ、「角膜血管新生」と診断されたなどのケースがあります。

初期の場合は、今まで使用していたソフトコンタクトレンズを、酸素透過性のハードコンタクトレンズに変えるだけで、治る場合もあります。酸素が補給されることで、血管が徐々に消え、症状に改善が見られるようになります。しかし、症状が重い場合には、完全に消えずに残ってしまう場合もあります


出来るだけ眼鏡をかけて過ごすことをお勧めしますが、酸素透過性の高いハードコンタクトレンズを装用しながら治療していくことも可能であるようです。治療の期間としては、一般的に数ヶ月掛かると言われているようです。 

 

最後に

これを書いている著者も、ソフトコンタクトレンズを使用しており、白目部分をチェックしたところ、いくつか新生血管が出来ているのが確認できました。コンタクトレンズを長時間装着、また着けたまま仮眠してしまう、使用期限も1年以上過ぎている、など当てはまる項目があり、一度検査を行う必要性を感じました。皆さんも是非一度ご自身でチェックしてみてください!

 

(photo by:http://pixabay.com/ja/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84-%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E7%9B%AE-%E7%9C%89%E6%AF%9B-%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%81%92-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%B9-%E8%A6%8B-2315/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-04-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

ドライアイに関する記事

ドライアイではない?朝の目の乾燥

  目の表面が乾燥すると、様々な不具合が生じます。特にその不具合を朝起きたとき...

どこでも出来る!目の渇きに効くツボでドライアイを緩和!

人間の体の不調を緩和する方法のひとつが「ツボ押し」です。東洋医学の考え方から来...


コンタクトによるかゆみ目を防ぐ、目薬の種類と成分

  日本眼科医会ではコンタクトのケアによる弊害が危惧されています。 ここ...

目が乾燥して痛い!もしかしてドライアイ?

  「目がごろごろ、なんだか痛い」といったような不快感が目に生じると、日常生活...

カラダノートひろば

ドライアイの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る