カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. >
  4. 頭痛と高熱なら気をつけて

頭痛

頭痛と高熱なら気をつけて

インフルエンザになると、全身の倦怠感と頭痛、そして高い熱が特徴的に起きます。強い頭痛と高熱は、感染症の可能性が高いかもしれません。

 

熱は身体のサイン

高熱が出たときは、身体が異物を排除しようと温度を上げていることがあります。感染症で高い熱が出るのは、なんらかの炎症が起きていると考えられるのです。すぐに解熱剤を飲むのではなく、効果的な対処方法を。

 

軽い風邪であればじきに熱が下がりますが、頭痛と熱のほかに、嘔吐や首の硬直などがある場合には、髄膜炎なども疑われます。放置すると悪化して意識障害なども起きる可能性があるので、風邪っぽいな、などと思わずに、すぐに病院へ行きましょう。

 

微熱の場合

副鼻腔炎や蓄膿症などの細菌性感染症の場合も、頭痛と微熱が続きます。長期間、微熱が続くようなら、病院に行きましょう。なにか別な病気が隠れているかもしれません。

 

熱で頭痛が起きているのではない

全身に熱が出ることと頭痛は、関係しているかもしれないし、そうではないかもしれません。たかが風邪、と思わずに、冷静に自分の身体の状態をチェックして、適切な処置をしましょう。

 

熱が高いときの指圧対処法

発熱でつらいとき、自宅でできるかんたんな指圧治療で、らくになることもあります。自分でするよりも、家族やパートナーにしてもらうとより効果的です。

 

1.仰向きに寝かせ、静かにおなかに手を当ててゆっくり静かに押す

(おへそのあたりに拍動を感じたら、そこをじっくりおさえる)

 

2.右手でおなかを押さえながら、左手を相手のおでこの上に置くと、気分が落ちついてきます

 

3.左手をおなかに置いたまま、右手で両方の上腕を交互にジワ−ッと握ります。

神経の緊張がほぐれ、リラックスしてきます。

 

4.足のふくらはぎをゆっくりつかみ、つぎに足の裏を親指で深く押します。

血行がよくなり、のぼせを下げるといわれています。

 

5.再びおなかです。

左手を背中側に回して、右手の4本の指でおなかを少し深くまで押します。

 

このような指圧は、自宅でできる対処の一例です。

 

もちろん、インフルエンザやおたふくかぜなどの感染症である心配もありますから、まずすぐに受診することが大切です。

 

そのあとの自宅での静養のときに、試してみてはいかがでしょうか? 

(Photo by:http://www.photo-ac.com/)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

熱に関する記事

頭痛と発熱の対処法

頭痛と発熱のときには、どちらをさきに手当てしますか?   痛みがひどけれ...

頭痛や発熱が続く慢性疲労症候群とは?

    仕事で疲れが取れない、一晩寝たのに、翌朝もなんだか体がだるくて…そうい...


発熱を伴う頭痛は我慢せずに原因をきちんと治そう

    酷い頭痛がして熱がある場合は、そのほとんどが感染症など何らかの原因があ...

別な病気の症状として現れる頭痛と熱

  激しい頭痛と、それに伴う発熱があった場合、脳の病気の可能性もあります。...

カラダノートひろば

熱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る