カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃痙攣(胃けいれん) >
  5. 疾患から引き起こされる胃痙攣とは?胃痙攣について知っておこう!

気になる病気・症状

疾患から引き起こされる胃痙攣とは?胃痙攣について知っておこう!

胃痙攣は、胃の筋肉が緊張する事で起こる痙攣です。痛みの起こる場所は、みぞおち付近です。激しい痛みが起こります。

胃痙攣ではなく肝臓や腎臓、膵臓等の病気でもみぞおちが激しく痛む事があるので、胃痙攣と区別しなければなりません。

 

胃痙攣の症状

飲食後、みぞおち辺りに発作的な激痛が起きます。

痛みのみならず、吐き気や食欲不振、胃もたれ、嘔吐、胸やけ等が起きる事もあります。

 

軽い痛みで済む事もありますが、激しい痛みの場合、痛さのあまりに動けなくなる事もあります。

稀ですが、ショック状態に陥ることもあります。

短かいものであれば数分、長ければ数時間も続く事があります。

 

胃痙攣の原因

胃痙攣を引き起こす原因は疾患によるものです。

主な疾患は、急性胃炎、 胃潰瘍、胃がん、胆のう炎、胆石症、十二指腸潰瘍、急性膵炎、急性虫垂炎等です。

また、精神的緊張によって起こる事もあります。

 

胃痙攣対処法

胃痙攣を引き起こす疾患を持っている方は、その治療を再優先に行います。

痛みがひどい場合は、鎮痛剤を用いたりもします。

 

消化器系の疾患は、食生活が大きく関わります。

暴飲暴食、不規則な食生活、塩分や油分の多い食事等です。

消化器系の疾患を患った場合は、自分の生活を見直しましょう。

 

又、ピロリ菌の検査を同時に行いましょう。ピロリ菌は消化器系の病気のほとんどが関わっていると言われます。それほど悪い細菌なのです。

疾患の治癒と予防によって胃痙攣は起こらなくなります。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●急に起こる胃痙攣のメカニズム

 

(イラスト by:http://www.irasutoya.com/

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-04-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

胃痙攣(胃けいれん)に関する記事

胃けいれんの時の食事療法

食後30分位してみぞおちのあたりが痛む胃痛は、胃の筋肉のけいれん、胃の粘膜の炎...

妊娠中に急な腹痛・胃痛が起こる胃痙攣!なぜ起こるの?どう対処すれば?

妊娠中、お腹に赤ちゃんがいて大変なのに、急な腹痛・胃痛を感じてしまう胃痙攣。妊...


胃痙攣を撃退!食事を見直して、胃痙攣を減少させよう!

  胃痙攣を起さないために、普段の食事を見直してみませんか? 食事は意外...

胃痙攣の意外な原因とは?胃痙攣につながるストレスの原因

  胃痙攣には、「強いストレスを感じると発症してしまう」という特性があるの...

カラダノートひろば

胃痙攣(胃けいれん)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る