カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠中 >
  4. たった1分で仕事の疲れをリフレッシュ!効果的な仮眠の取り方

不眠・睡眠障害

たった1分で仕事の疲れをリフレッシュ!効果的な仮眠の取り方

 

仮眠・昼寝などの習慣は以前は忌むべきもの、ちょっとしたさぼりと思われがちでしたが最近は仕事の能率を上げるために使われたりもします。

世界的に見ても仮眠を利用しているという方は多いのでリフレッシュに使える仮眠の時間や方法を覚えておくとよいでしょう。

 

●1分仮眠は脳への負担を減らす

仮眠の中でも最も短いのが1分間の仮眠です。椅子に座ったままの状態での仮眠となり、目をつぶってボーっとしているので仮眠という意識はあまりないかもしれません。

1分仮眠は目からの刺激をシャットダウンして脳を休ませる効果があり、仕事に熱中しすぎた時などに一瞬頭を冷やすのに利用できます。

少し疲れたかな、と思う時に1分仮眠をやっておくと後々の疲れが減少します。

 

●15-20分仮眠

1分仮眠よりも長く時間を取れそうなとき、例えば昼休みなどには15-20分の仮眠がお勧めです。

15-20分なら自律神経のうち交感神経優位のままで済むのですが30分以上だと副交感神経が優位になってひどい眠気が続くので注意してください。

1分仮眠よりも15-20分仮眠の方がさらに疲労物質を取り除けるというメリットがあります。

こちらもイスにもたれかかった状態で行い、カフェインを寝る前に摂取するのがおすすめです。

 

●睡眠そのものも大事

仮眠法は作業の効率や作業への集中力をアップさせてくれますがそれ以上に睡眠そのものも大事にしてください。

適切な睡眠時間と睡眠の質があってこそ仮眠も効果を発揮するということを忘れずにさまざまな仮眠法を試してみましょう。

 

仮眠は仕事の能率を上げてくれると言われています。仮眠の方法には1分仮眠や15-20分仮眠などがあり、30分以上だと眠気が残るので注意してください。

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2012/07/01-364461.php])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-04-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

睡眠中に関する記事

人の眠りのシステムは5つの睡眠段階で成り立つ!睡眠のナゾとは?

睡眠に関する研究は世界各国で行われています。 そして、その結果としてさまざまな...

寝ているときに咳が止まらないのはどうして?

寝ているときに咳が止まらない理由は2つ考えられます。 1つは病気が原因、も...


睡眠中に起こる「ピクッ」…実はそれ、病気の症状の場合があるって知ってましたか?

   寝ている最中にピクッと体がけいれんしたように動くのは「ジャーキング」と言わ...

居眠り中の『ビクッ』という現象が恥ずかしい…どうやって対策したらいいの?

寝ているときのビクッと体が動く現象の正式名称は、ジャーキングと言います。 この...

カラダノートひろば

睡眠中の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る