カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 破水 >
  5. 妊娠38週の検診*内診グリグリの3日後に破水
破水

[38w]妊娠38週の検診*内診グリグリの3日後に破水 [妊娠・出産の体験談]

6405人に読まれました
2016-03-23 15:21
38週の妊婦検診の時に、血圧の事も心配という事と、小さいうちに産んだ方が楽だよ。
ということで、グリグリ刺激をされました。その3日後の夜の事でした。
  • 寝返りうったら、ぱしゃん?

    もういつ陣痛が来てもおかしくないので、毎日枕元に陣痛の間隔を測るための時計と、ノートをおいておきました。

    いつも、寝る前に少しお腹が張ったりしたので、さすったりしながら寝てました。

    この日も、ちょっと張ったのでさすりながら眠りについてました。何か夢を見て、寝返りをうって横を向いた時、実際パシャンと音がしたか定かではないのですが、そんな感じがして、気づくとお股から少しずつお水がでてきました。
  • 病院へ電話しなきゃ! いよいよ病院へ!

    実家の母に破水した事を告げ、電話の子機を持って来てもらい病院へ電話しました。
    助産師さんから、大きめのナプキンをして、なるべくあまり動かない様にして、早め来て下さいと言われました。
    濡れたパジャマなどは、母が帰ってきたら片付けるからとにかく行こうという事で、時計を見たら夜中の2時ころでした。
  • 少しずつ陣痛がきたー!

    病院へ着くと車椅子を貸してくれ、母が押して産科の病棟までいきました。

    陣痛室のベッドへ寝て、破水してしまったので、感染症を防ぐために左腕に点滴をし、妊娠高血圧症になってしまってたので、右腕には定期的に血圧を測る装置を付け、お腹の赤ちゃんの心音を確認するモニターを付け、いろいろ繋がれた感じで陣痛を迎えました。

    朝になって来て、だんだん陣痛も始まり、出産前に息をゆっくり吐くと心も体も、すこしリラックスするからお産が早く進むと教えられていたので、痛くなってきたら、ふぅーーーっとゆっくり息を吐いて吐ききった時、一瞬だけ痛みがなくなったので、毎回これを目指して吐く息に集中しました。

    陣痛の間ずっと、母や助産師さんが背中をさすってくれました。それもかなり楽でした。主人も仕事の合間に様子をみにきてくれました。

みんなへメッセージやアドバイス

この続きをまた体験談として投稿しようと思いますが、吐く息を意識して、陣痛の波に乗るようにしましたら、順調に子宮口が開きました。
普通の陣痛は急激な痛みが突然くるのではないので、すこしずつ陣痛の波に乗る様なイメージで身を委ねると良いと思いますよ☆
0

妊娠38w前後の体験談

上へもどる