カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 陣痛 >
  5. 症状・痛み >
  6. 開いてびっくり!羊水がからっぽ
症状・痛み

[40w]開いてびっくり!羊水がからっぽ [妊娠・出産の体験談]

800人に読まれました
2015-12-12 17:11
切迫早産により妊娠37週まで入院していた私はほぼ毎日が検診。
退院間近となったころ先生に、「羊水が少なめかなぁ」と言われたものの気にするほどではないとの事で予定通り一時退院。39週の検診では「更に少なくなってるね~」と。
予定日になり子宮口は少し開いてるものの陣痛の兆候なく検診へ。「あれれ、羊水どんどん減ってるねー明日入院して検査しましょう」と言われ不安ながらも出産準備をして翌日入院しました。
  • オキシトシンチャレンジテスト

    入院してさっそくオキシトシンチャレンジテストという陣痛負荷テストをしました。
    このテストはオキシトシンを点滴し胎児が陣痛のストレスに耐えられるかを試します。
    陣痛くるのかなぁとドキドキの中陣痛などの痛みは感じずテストは終了。
    その結果、胎児は心拍数が低下し陣痛に耐えられない…という事で帝王切開が決定しました。
  • ドキドキワクワクの帝王切開

    ストレッチャーに乗せられいざ手術室へ。
    横向きに丸まり背中へ麻酔。2回失敗しっちゃったみたいで結局3回刺され私は恐怖で汗だく。
    徐々に下半身がだるくなり自分で動かせなくなってそのままみんなに担がれ手術台へ。そしておしっこの管を入れられ、胸にアルコール綿を付け冷たさ感じますか?と。(ちなみに二人目の時は恐怖のあまりこの時点で胃液吐きました笑)冷たさは感じないけど感覚はがっつりあるんですけど~。冷たくないってことは麻酔が効いてるってことみたいで…メス…ついに始まりました~お腹切られてるの全然わかるしグイグイ引っ張られてるし天井のライトで見えちゃってるし。
    「赤ちゃんの心拍下がってます」って言ってる声聞こえるけど今は恐怖でそれどころじゃなく…
    無事赤ちゃんが取り出され見せてもらい、その後はあまり記憶がありません。気づいたら病室に戻っていました。
  • 羊水過少

    その後先生の話によると羊水がほとんどなくなっており、からっぽ状態だったとのこと。
    「赤ちゃん飲み干しっちゃったのかなぁ」とだけ言われ原因はよくわかりませんが、いろいろ調べたところ胎盤機能不全。これだったのかな?予定日も過ぎていたしもう羊水作られていなかったのかもしれません。
    赤ちゃんは3590gと大きめに生まれ、なんの問題もなく母子ともに元気に退院できました。

みんなへメッセージやアドバイス

羊水が少なくなってもママにはどうすることもできません。羊水がほとんどない真空状態の中お腹が張るたびに赤ちゃんは苦しんでいたのかなと当時は子供に申し訳ない気持もありました。
まもなく6歳になるその息子はいまでも元気いっぱい。いろんなケースはありますが羊水が少なくても無事に生まれ子供は元気にすくすく育ちます。

1

妊娠40w前後の体験談

症状・痛みの関連カテゴリ

上へもどる