カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 破水 >
  5. 怒って産気づいちゃった!破水をして陣痛が始まる
破水

[38w]怒って産気づいちゃった!破水をして陣痛が始まる [妊娠・出産の体験談]

4564人に読まれました
2016-09-05 15:54
妊娠中は心穏やかに過ごしましょう。って言いますよね。その通りです!
  • 38週のミキサー事件

    当時、3歳の長男の育児に追われながら、病気の母のに変わって実家の家事の手伝いをしていました。

    当時通っていた助産院の先生から「ほら、また眉間にシワがよってるー」と言われてしまう程、毎日イライラしながら忙しく過ごしていました。それでも、眉間にシワがよらないように、こどもにも怒らないようになるべく穏やかに過ごそうと努力をし、妊娠も安定期に入ったころから気持ちも落ち着いたのか、あまり怒らずに、時には怒る前に深呼吸をしながら過ごすようにしていました。

    妊娠も後期に入り、身体も重くなり、当然自転車の生活とはおさらばでどんなに時間がかかっても徒歩生活。徒歩の生活をしていると自然と慌ただしさもなくなり良いもんですよね。こどもにもぐずられてもどうにか楽しい話を持ち出しながら歩かせていたことを覚えています。

    そんなゆったり生活にも慣れ、臨月に入り39週を迎えたころ、息子にバナナジュースを作ろうとミキサーに材料を入れ、最後に牛乳を入れ、ちょっと目を離した隙に、息子がミキサーのフタをせずにミキサーのスウィッチを入れてしまい・・・当然キッチン中にバナナジュースが飛び散り、「ぎゃーっ‼︎」と私。
    気まずそうな息子。同時に怒りが込み上げてきました。が、息子もわざとやったわけじゃないし、「怒っちゃいけない怒っちゃいけない」と自分に言い聞かせ、「拭けば大丈夫だよね〜」と怒鳴ることなくその場を過ごしました。我ながら成長したな。と自画自賛。

    その後、グラスにバナナジュースを注ぎ息子にどうぞと出しました。すると息子がバナナジュースを飲みながら画用紙を広げ絵を描き始めました。
    「飲みながら描いてると倒してこぼしちゃうから飲んでからにしようね。」
    「・・・」
    「ね、飲んでからにしようね」
    「・・・」
    「ね、こぼすよー」

    案の定、肘でグラスを倒しテーブルに床にドロドロしたバナナジュースがジャー!っと。私の怒りも大爆発!
    「だから言ったでしょーー!!」と久々に大声を張り上げてしまいました。
    その瞬間「うっ」とお腹にイナズマが走ったようになりお腹の張りがMAXに。こぼれたバナナジュースも拭けずにその場で倒れこみ、しばらく立ち上がれず。

    すぐにどうこうはなりませんでしたが、それからお腹の張りはおさまらず、結局ミキサー事件の数時間後に軽い破水をして陣痛が始まりお産に至りました。

みんなへメッセージやアドバイス

私が怒ってしまったことで赤ちゃんのタイミングで誕生させてあげられなかったことを未だに申し訳なく思うことがあります。幸い38週で2700gありましたが、もう少しお腹の中で大きく育ててあげたかったなと思いました。
妊娠後期は良くも悪くもあまり興奮しないよう過ごすことがベストです!
0

妊娠38w前後の体験談

上へもどる