カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. その他 >
  5. 離乳食開始!椅子はどれを選ぶ?
その他

[0歳8ヶ月]離乳食開始!椅子はどれを選ぶ? [妊娠・出産の体験談]

474人に読まれました
2015-12-21 22:29
生後5ヶ月から始まった息子の離乳食。
離乳食を始めるにあたり、必要になるのが椅子です。
ハイチェア・豆椅子・テーブルに引っ掛けるタイプなど様々な椅子が
ありますが、我が家の場合、始めの数ヶ月はハイチェアを使用しました。
知人から、使用しなくなったハイチェアを譲ってもらったのです。

離乳食を始めて1ヶ月が過ぎ、自分一人でも座れるようになってきたのを
確認してから、椅子に移行しました。始めの頃は、初めての椅子に戸惑って
いるようでしたが、すぐに慣れて、ハイチェアに座って食事するようになりました。

離乳食が1回から2回に進むにつれて、息子の行動も活発になり、お皿に手を伸ばしては
食べ物を掴み、テーブルに塗り付けるように広げたり、スプーンを握って指揮者のように
振り回すようになりました。そして握ったスプーンを下に落とすことが、楽しくて仕方ないようでした。

スプーンを落とし始めて、1週間程経った頃、下に落下したスプーンが気になるのか、
椅子に座ったまま、下を覗き込むようになりました。「そろそろ危ないかな?」と思った
母の予感は的中しました。下を覗き込む際に、腰が椅子から浮き上がっていたのです…
腰が浮き上がると、その後はあっという間です。
椅子の上に立ち上がったり、椅子からテーブルに乗り移ろうとしたり…このままではいつ落下してもおかしくない状況でしたので、仕方なくハイチェアは諦めて、豆椅子を購入しました。

現在は豆椅子に座らせ、小さな机で食事を摂っています。しかし低くなったとはいえ、立ち上がる事に変わりはありません。ハイチェアに比べて、低くなったものの、立ち上がったときの安定感に欠ける為、椅子の上に立ち上がったときには、椅子から下ろして、テーブルにつかまり立ちをさせたまま、食べさせています。

椅子から下りると、落下の危険度は高くなりますが、逃亡の可能性が高まります…
今は食事に飽きてくると、椅子から下りて、タンスへ一直線。手づかみ食べをした手で
服を引っ張りだして遊んでいますので、タンスへ手を伸ばす前に捕まえて、手を拭くのが
毎日の恒例儀式になっています。

便利な器具はたくさんありますが、どれも一長一短があります。皆さんのご家庭の状況に
合わせて、一番適切な器具を使用してください。

みんなへメッセージやアドバイス

お店に行くと、色々な種類の椅子があって、本当に悩むと思います。それぞれ長所と短所があり、完璧なものはありません。ご家庭の事情や、お子さんの状況に合わせて、調節してあげてください。
1

上へもどる