カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 気管支炎 >
  5. 【0歳4か月】急性気管支炎での入院に至るまで。
気管支炎

[0歳4ヶ月]【0歳4か月】急性気管支炎での入院に至るまで。 [育児・子供の病気の体験談]

346人に読まれました
2015-12-29 01:17
娘が0歳4か月ではじめて入院をしました。
入院までの症状についての体験談を書きたいと思います。

  • きっかけは発熱と咳

    娘が0歳4か月の頃、咳が出て気になることがありました。
    夜もたまに咳で起きてしまうことがあり、心配していました。

    最初は熱がなく咳だけだったので家で様子を見ていたのですが、
    咳がどんどんひどくなっていきます。

    授乳後に咳込んで吐き出してしまうということが何度か起こるようになり、
    夕方ごろ熱が39度まで上がったため、
    救急で受け入れてくれる病院に電話をすることにしました。

    上の子の時にこの月齢で高熱で救急にかかり、即入院した経験が2度あったので、
    これは入院だと思いかけた電話でしたが、
    意外にも「咳で吐くなら来なくても大丈夫。熱も様子見で。心配なら19時から準夜間センターに行ってください」という対応でした。

  • 準夜間センターからの救急の病院

    やはり吐いてしまって心配になり、
    準夜間センターに向かって診察してもらうことになりました。

    診察してもらって先生からの第一声は、
    「なんでもっとはやく連れてこないの!」で、
    このくらいの月齢だったら高熱で危ないこともあるんだからすぐに病院にかかった方が良いとのこと。

    そして、準夜間センターからさっき電話したばかりーの救急の病院に回されることになりました。

    紹介状であろう封筒を手に、そんなんならそのまま早く救急行っておけばよかった・・・と思いながら
    救急の病院にタクシーで移動。

    到着しすぐにレントゲン、RSウィルス、インフルエンザ、血液検査などの検査を経て、即入院と決まりました。
    「急性気管支炎」との診断でした。

みんなへメッセージやアドバイス

ただの風邪、ただの咳と思わずに、月齢がまだ小さい頃は、家で様子見よりも病院に駆け込んだ方が良いですね。
上の子の時に、病院に駆け込んでは「熱くらい大丈夫ですから!お母さん!」なんて言われていたので、すぐに病院には行きづらかったんです。

心配しすぎるくらい心配して大丈夫!だって親ですから!が教訓です。

2

上へもどる