カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 2歳~3歳 >
  5. おうちで出来る!2歳のはさみ工作。
2歳~3歳

[2歳]おうちで出来る!2歳のはさみ工作。 [育児・子供の病気の体験談]

994人に読まれました
2015-12-31 00:01
写真のひまわりは2歳半の息子と一緒に作った工作です!
とても簡単なのでぜひ作ってみてください^^

  • いつごろからはさみをはじめる?はさみの練習方法

    我が家の長男は2歳3か月ごろからはさみをはじめました。

    プラスチック製の安全なはさみも売っているようですが、
    銀のはさみに持ち替えたときに、いままでのものと違う切れ味になってしまうことで
    けがに繋がってはいけないと思い、普通の子供用のはさみを買いました。

    はさみの練習は段階的に行っていきます。

    ①細い紙を1回切りで切り分けていく練習。

    ②細い紙にりんごなどの絵をかいて、りんごを切らないように切り分けていく練習。(これも1回切り)

    ③同じく細い紙に切り取り線を書いて、切り取り線を切る練習。(これも1回切り)

    ④連続切りで、長い線を切る練習。

    ⑤紙を動かして、カクッとまがった線を切る練習。

    ・・・

    こういうように徐々に難しい段階を練習していきます。

  • ひまわりに挑戦!

    我が家でひまわりを作った方法はとっても簡単です!
    説明もいらないかもしれませんが一応書いてみます。

    ①黄色い画用紙を子供に自由に切ってもらいます。

    ②緑の画用紙を自由に切ってもらいます(我が家ではカラー段ボール紙を使いました。)

    ③オレンジの丸は親が用意します(自分で切れるなら切ってもらってもOK)

    ④お花に見えるようにこどもと一緒に並べていきます。

    ⑤のりで貼っていきます。

    とっても簡単でした!
    が、自由に切っている分、かなりゴミが出て掃除が大変でした(みなさん注意!)

  • 我が家でつかったはさみの練習本

    我が家でははさみの練習本をこれまでに4冊使ってきました。

    自分で画用紙やおりがみを使って練習することも可能ですが、
    導入でこれらの本を使ってしまったため、かわいいイラストのあるそちらを切りたいと息子が主張するようになり・・・
    そこから抜け出せません。(みなさん注意!)

    ■Gakken はじめてのはさみ・のり 2歳
    ■KUMON はじめてのはさみ 2・3・4歳
    ■Gakken きりえこうさく 3歳
    ■講談社  きってはってこうさくブック① 2・3・4歳

    私がいちばん気に入っているのは講談社の「きってはってこうさくブック」です。
    絵がかわいいのも好きな理由のひとつですが、
    1冊のなかでいきなり難しい問題が出てきません。
    たとえばカクカクまがっている線や、曲線を切るようなものはなく、
    他のものよりも急に「できない」にぶち当たることがないです。

    はじめにチャレンジするのは、Gakkenの「はじめてのはさみ・のり2歳」が導入しやすく良かったと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

はさみは最初は本当に危なっかしかったですが、
今では慣れた手つきで紙を切れるようになりました。
我が家では今後は「きってはってこうさくブック」をどんどんやっていきたいと思っています。
本当に絵がかわいいんですよ~おすすめです。

4

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる