カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. アレルギー(免疫異常) >
  5. 食物アレルギー >
  6. ママの母乳からアレルゲン食品飲んでませんか?赤ちゃんの肌荒れの原因はアレルギーでした。
食物アレルギー

[0歳1ヶ月]ママの母乳からアレルゲン食品飲んでませんか?赤ちゃんの肌荒れの原因はアレルギーでした。 [育児・子供の病気の体験談]

874人に読まれました
2016-11-08 11:03
息子は産まれて間もないころから乳児湿疹がひどかったです。
病院にいって塗り薬をもらうも、よくなったり悪くなったりの繰り返しでした・・・
  • 原因がわからなかった肌の荒れ。

    息子の湿疹はひどい時と落ち着いているときがありましたが、どんな時に悪化してどんな時に落ち着いているのか、いまいち把握することができませんでした。

    実家では「ひどい湿疹なのは、洗い方が悪いせいだ」と言われ、息子の顔をごしごしベビーソープで洗われてしまい、皮膚にダメージを負わせてしまったこともありました。

    本当にかわいそうな状態でしたが、病院にいって塗り薬をもらっても一歩前進しては一歩後退のような毎日でした。
  • アレルギー科を受診で卵アレルギー発覚

    息子は生後3か月、4か月と原因不明の熱で2度入院したり高熱を何度も出してしまったこともあり、アレルギー科に受診したのは生後半年ごろのことでした。

    アレルギー科で、小麦、乳、卵などのパッチテスト(というのが正しいのかわかりません)をしてもらい、すぐに息子の腕に1か所だけ反応がでて、卵アレルギーだということがわかりました。

    私は無知で、それまで母乳からアレルギーが出るなんて思っていなかったのですが、私が卵を食べたあと母乳を飲んでアレルギー症状がでてしまっていたのです。

    本当にかわいそうなことをしてしまっていたと反省しました。
  • 卵に慣らしていく治療

    それから息子のアレルギー治療がはじまりました。

    息子のアレルギーの治療法は、完全に卵を除去してしまうのではなく、最低限の除去で少しずつ卵に慣れさせていく(負荷をかけていく)というものです。

    まだ小さく離乳食も始まったばかりで、そもそも卵は食べさせることはなかったので、はじめは私が卵を食べた後に母乳を与えるということからスタートしました。

    アレルギー症状が出たとき用のお薬はもらっていましたが、徐々に負荷をかけていくため、ひどい症状がでたことはそれからあまりありませんでした。
    (一度間違えて魚卵(たらこ)を少量食べてしまい全身が大変なことになってしまったことがあります。)

    生卵は絶対にNGで、しっかり焼いた卵焼きを食べた後に母乳を飲ませて様子を見、記録をアレルギー科の受診時に報告し、徐々に食べられるものを確認していきます。
    鶏卵だけでなく、イクラやタラコなどの魚卵もダメなので、気を付けて食べるようにしました。

    最初に本人が卵入りのものを食べたのは、ロールパンで、それも徐々に卵入りのクッキーを食べさせたり、ハンバーグなどのつなぎで卵使用しているものを食べさせたりと、食べられるものが多くなりました。

    今現在息子は3歳になろうとしているところですが、卵をよく焼いた炒り卵であればアレルギー症状なく食べられるようになりました。

    今でもケーキを食べたあとに顔が赤くなったり、何がダメで何が良いのか判断が難しいところがありますが、食べられるものが増えてきてとてもうれしく思っています。

みんなへメッセージやアドバイス

産まれたときからの湿疹がまさか母乳のせいだったなんて、本当に驚きました。
自分の無知が情けなかったです。

もし、赤ちゃんの湿疹でお悩みのお母さんがいたら、母乳飲ませた後に出ていないかチェックしてみてくださいね。

食品のアレルギーであれば、お母さんの心がけで症状を緩和できると思います。
4

上へもどる