カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. その他 >
  5. やっと終わった!K2シロップ
その他

[0歳2ヶ月]やっと終わった!K2シロップ [育児・子供の病気の体験談]

373人に読まれました
2016-01-04 21:12
母乳に不足するビタミンK2を補ってくれる「K2シロップ」は、母乳育児には欠かせない存在です。
昔は退院後に一回飲めばよかったようですが、今は退院後12週にわたって飲むことが推奨されているそうです。
私もそのように指導されたので、12本のK2シロップをもらって退院しました。
  • K2シロップの飲ませかた

    病院ではスプーンで飲ませる方法や、哺乳瓶の乳首を使う方法を教わりました。
    甘みが強いのでお湯で割るように、という助産師さんもいれば、原液のままでいいという助産師さんもいて、迷いましたが私は原液のまま哺乳瓶の乳首で飲ませることにしました。
  • 哺乳瓶拒否で迎えた危機

    吐くことなく、順調に10週ほど飲み続けた息子ですが、11週目にしてなんと哺乳瓶の乳首を拒否するように!
    口に入れると眉間にシワを寄せて、すごーく嫌そうな顔をするのです…。
    一度それでも与えてみたところ、吸わずにくわえたままでいたせいで、口の端からシロップがこぼれてしまいました。
    2度ほど挑戦して2度ともダメだったので、シロップを2本無駄にしたことに。
    飲めなかった場合は再処方が必要なので、翌日病院で2本処方してもらってきました。
  • 哺乳瓶拒否との戦い

    スプーンで与える方法も考えましたが、口元に当てるだけでも嫌がるので再度哺乳瓶の乳首で挑戦することに。
    とはいっても、口に入れるとしかめっ面して吸ってくれないので、とりあえず機嫌のいいときに挑戦。
    口に入れて乳首の側面をぺこぺこさせてみたり、上顎に当ててみたり、舌に当ててみたり、声をかけてみたりでなんとかクリア!
    次の週も同様に頑張って、なんとかK2シロップの服用期間が終了しました。

みんなへメッセージやアドバイス

授乳前に飲ませるとおっぱいと一緒に吐くからよくない、という人もいますが、私は病院でそういう指導はされませんでした。
子供の機嫌のいいときを狙って、丁寧に根気よく挑戦するのが一番のコツかな、と思います。
1

その他の人気体験談ランキング

ひろばランキング

上へもどる