カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 経膣自然分娩 >
  6. 妊娠39w4d*陣痛~出産 想像よりもはるかに痛かった
経膣自然分娩

[39w]妊娠39w4d*陣痛~出産 想像よりもはるかに痛かった [妊娠・出産の体験談]

5632人に読まれました
2016-03-03 11:05
陣痛間隔が5分になりようやく病院に入院することになりました。そこから出産までのエピソードです!
  • LDR分娩室へ入院

    22時半に母に付き添ってもらい荷物を持って入院。このときに隣県にいるパパに来てと連絡しました。幸い仕事も終わっており、高速も空いていたみたいで日付が変わった24時頃到着。付き添いを母からパパへ交代してもらいました。
    このときはまだ子宮口が2センチほどしか開いておらず陣痛間隔も3分くらいで喋れる余裕がありました。このまま陣痛が遠のいたら朝退院だよと助産師さんに言われたほど(笑)
  • 子宮口が最大になるまで

    ここからの道のりが本当に長く子宮口が最大になるまでが1番辛かったです。子宮口が開いてくるとどんどん痛みが強くなり、喋ることなんて全くできなくなっていました。私は陣痛が腹よりも腰にくるタイプだったみたいでパパにずっとさすってもらっていました。
    子宮口最大になるまではいきむと傷ができて出血も多くなってしまうため、いきみを逃すように言われました。しかし、、、現実はいきみたくて仕方がない。子宮口が8センチぐらいからが本当に死にそうでウンチが出そうな感覚でした(笑)パパは赤ちゃんが出ないようにずっと肛門あたりを全体重で押さえててくれて感謝しています。
  • いよいよ分娩

    子宮口が最大になったのは朝6時半頃。ベットが分娩台にそのまま変化しました。ここからはいきんでよくなり、本当に全力でやりました(笑)
    そしてついに、、、午前7時6分元気な男の子が誕生しました。

みんなへメッセージやアドバイス

出産は想像よりもはるかに痛いものでした。でも赤ちゃんに会えたらその痛みも吹っ飛ぶ可愛さでした。
1

妊娠39w前後の体験談

上へもどる