カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. パパの育児 >
  4. 上腕骨顆上骨折
パパの育児

[5歳]上腕骨顆上骨折 [育児・子供の病気の体験談]

1155人に読まれました
2015-07-14 17:29
先日、5歳の娘が幼稚園のうんていから落ちて肘を骨折しました。幸い軽くヒビが入った程度で一安心です
  • ■一人でやろうとして

    この日は一人でうんていに挑戦して落ちてしまったようですが、小さい頃は滑り台も怖がって一人で滑ろうとしなかったのに、なんにでも挑戦してみようという子に育って来たのは嬉しいですね。

    ただ、うんていから落ちて娘と同じ怪我をする子が多いらしく、公園などから徐々にうんていがなくなっていっているようで、子供に怪我はして欲しくはないですが、少し残念だなぁと思います。
  • ■妻はすごい

    妻が迎えに行った後、園庭で遊んでいたときに起きた事故だったため、近くにいたのに助けられなかった。と、かなり落ち込んでいました。
    妻に責任はないよ。といっても全く効果なしでした。(まぁ自分が同じ立場でも同じですかね)

    とは言え、当日の夜には怪我をしててもおしゃれでいてほしいと、ネットで調べて三角巾を作ってました。
    このポジティブな切り替えの速さはすごいな~と思いました。
  • ■かわいそう感?

    語彙が足りずなんと表現したらよいかわかりませんが、人に、かわいそうに、痛いでしょう?と言ってしまうことです。

    子供が腕を吊って歩いていると、道行く人や知人に上のような言葉をかけられますが(自分も同じこと言いそう)、こういう言葉をかけられるのを嫌がるようになってきました。
    確かにこういうときは、上のようなネガティブな表現よりも、痛いかもしれないけど頑張ってね。と言ったポジティブな表現のほうが嬉しいですよね。
2

妊娠5歳前後の体験談

上へもどる