カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 生後1ヶ月 >
  4. 生後1か月での入院!RSウイルス
生後1ヶ月

[0歳1ヶ月]生後1か月での入院!RSウイルス [育児・子供の病気の体験談]

294人に読まれました
2016-01-15 19:46
生後6か月までは、お母さんからもらった免疫があるので、赤ちゃんは病気にかかりにくいといいます。
しかし、中にはこの条件に当てはまらない病気があり、我が家の坊ちゃんが生後1か月過ぎにかかったRSウイルスもその1つです。
  • 数日の経過観察、そして救急車で入院へ

    自宅にて、服薬や鼻吸いをしながら様子を見て、Rsを見つけてくださった近医に毎日通っていましたが、だんだんと陥没呼吸が目立ちだし、SPO2(酸素飽和濃度)が80代まで低下!医師が迷ったあげく救急車を呼んでくれ、そのまま大学病院へ搬送。6か月未満の乳児では悪化した場合の危険性が高いため、念のため入院管理となることになりました。
  • 鼻水、ぜーぜー、これって風邪?

    1か月検診を終え、家の周りのお散歩などをするようになった頃、なんだか坊ちゃんの呼吸が苦しそう?咳や鼻水を出している?と気になりました。機嫌は悪くないし母乳の飲みも良いので1~2日様子を見ていましたが、なんだかひどくなっている気がして、3日目に小児科を受診。その医師は、熱もないし母乳を飲めていれば問題ないでしょうとのことで、特に検査もせず経過観察になりました。
    しかし、その日の夜から明らかに悪化。電話相談なども頼り、翌朝別の病院を受診しました。その病院の医師は、1か月だから念のためとのことで、RSの検査をして下さり、陽性反応有り。そのまま大学病院への紹介状を出してくれました。(大学病院ではまたも経過観察の支持でしたが)
  • 入院生活の1週間。初めて離れるわが子・・・

    その日のうちに入院が決まりましたが、状態管理のため面会時間以外の付き添いは不可とのこと。20時の面会終了時には、出産後初めて息子と離れることとなり、不安な一夜を泣きながら過ごしました。
    毎日、酸素吸入や服薬、吸入、吸引、SPO2のモニターをしながら、1週間ほどで退院できました。

みんなへメッセージやアドバイス

RSウイルスは、小さい子供なら2歳までに必ずかかる病気だそうで、1度かかるとその後気管支が弱くなりやすいそうです。今回、最初の病院で留まっていては大変なことになったと、本当に思います。赤ちゃんのことは予想のつかないことも多いので、少しでも気になったら受診することをおすすめします。
1

上へもどる