カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 感染症 >
  5. 保育園からの呼出 : ヘルパンギーナ
感染症

[1歳4ヶ月]保育園からの呼出 : ヘルパンギーナ [育児・子供の病気の体験談]

184人に読まれました
2016-08-25 14:27
長男が1歳4ヶ月の時に保育園から呼出コールがなりました。
理由は38.6の発熱しているのでお迎えに来て欲しいとの事でした。
ちょうど旦那もお休みの日だったのでお迎えに行くと更に熱が上がっており、39.5でさすがに目がとろーんとしてて少し辛そうでした。

しかしそのお迎え時に保育園の先生から『ヘルパンギーナにかかってることをわかってて登園させてしまった保護者の方が居まして…出来れば見てもらって下さい』と言われました…。
内心、えっ、わかってて預けたって最低。登園許可証必要なんでしょう?とすごく不信感を抱いてしまいました。
  • 診察結果は…ヘルパンギーナ

    でも、息子が辛そうなのでかかりつけ医に診てもらいました。
    色々な検査を行い診察結果はやはりヘルパンギーナでした…。
    特効薬などは無いので対処方しかないと説明を受け
    解熱剤だけ貰い帰宅しました。

    ヘルパンギーナだと喉に発疹ができるので食べ物食べる時にぐずる、そして高熱が数日続くとのことでポカリをたくさん買い込んで
    ゼリーとうどんもパパに頼んで買ってきて貰いました。

    やはり食欲もなく横になってることが多くゼリーとうどんは食べてくれたので、3日間それで凌ぎました。
    何度か嘔吐がありましたが何とか4日後に回復。
    5日目にやっと登園できました。
  • 登園許可証が必要な感染症

    ヘルパンギーナやインフルエンザ、溶連菌などの感染症は感染力が強く重症化することがあるため、ほとんどの園では医師または保護者の方で記入する登園許可証が必要となります。
    やはり移し映されあいといえども登園許可証が必要な病気は容態が重いことが多いので、子供がかかり具合悪そうにしてると辛いですよね…
    必ず診断されたら園に確認を取り提出が必要な場合は提出しましょう。

みんなへメッセージやアドバイス

ヘルパンギーナは夏の風邪の一種です。食欲が減退するので無理のないように食べさせるようにすることが大切ですよ。
1

上へもどる