カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 3ヵ月 >
  5. いつから読み聞かせよう?絵本の魅力について!
3ヵ月

[0歳3ヶ月]いつから読み聞かせよう?絵本の魅力について! [育児・子供の病気の体験談]

608人に読まれました
2016-06-06 12:07
絵本は何歳から読ませるといいのだろう?そんなことを考えているママ達も多いのではないでしょうか。私自身もいつから絵本にふれさせるべきか悩んでいました。読み聞かせのスタートは、ちょうど子どもが3ケ月になったばかりの頃でした。
私が住んでいる市では出産した時に、市立図書館から絵本を1冊プレゼントしてもらえます。そのはじめの1冊をきっかけに絵本を購入してみたり、市立図書館へ通ったりして子どもに絵本の読み聞かせをするようになりました。
  • 赤ちゃんは絵本が大好き!図書館利用でたくさんの本を読んであげたい!

    0歳児に読み聞かせを行っていて感じたことは、顔が好き、様々な色が使われているもの、擬音語や繰り返しの言葉に興味をひくということです。普段やんちゃな子ですが、絵本を持ってくると、おとなしく座り真剣に絵本を見ます。手で触ってみたり、笑ってみたり、絵本が大好きな様子です。

    私が購入した絵本ですが、「いないいないばあ」「しましまぐるぐる」「じゃあじゃあびりびり」等の人気のある絵本です。しかし、絵本はだいたい1冊700円以上するので買い集めるとなると、なかなか手が出せません。そこで、市立図書館です!私の近所の図書館では、無料で10冊まで貸し出ししています。図書館で借りてきた絵本の中で子どもが喜んでいた絵本を紹介します。「ぶっぶっぷっぷ」という絵本は色々な乗り物が色鮮やかに描かれて登場し、擬音語がたくさん使われていて子どもはとても喜んで見ていました。個人的にですが、中川ひろたかさん作の絵本が面白くて図書館で見つけるとすぐに借りてきて子どもに読んであげています。「へんな顔」という絵本はいないいないばあのような感覚で楽しめるのでおすすめです。今まで読んだ絵本の中で1番笑ってくれた本がこの本でした。
  • 産まれた時から始められる読書通帳!

    最近色々な市町村の図書館で始められている読書通帳。借りた本の題名と借りた日を通帳に記載されるシステムです。いつか子どもが分かるようになったら見せてあげたいなと思い、子どもと初めて図書館に行った日に図書館で作りました。大きくなったときに、今まで読んできた本が記載されている通帳を見たらきっと喜んでくれるだろうな…と勝手に想像しています。また、これだけたくさんの本を読んできたんだねって、いつか子どもと振り返れたらいいなと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

絵本は言葉のおっぱいと言われているようです。親子の触れ合いの時間にもってこいのナイスなアイテムであり、絵や言葉、そしてママの声の響きを通して色々な成長ができるのではないかなと思います。
1

上へもどる