カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 行事 >
  4. お食い初め >
  5. 生後3カ月の我が家流お食い初め
お食い初め

[0歳3ヶ月]生後3カ月の我が家流お食い初め [育児・子供の病気の体験談]

520人に読まれました
2016-01-17 22:50
赤ちゃんの成長や一生食べ物に困らないようにとの願いをこめて、生後100日前後に行われるお食い初め。でも、育児に家事に毎日忙しいお母さんたちにとって、いろいろ準備しなければいけないのはちょっと大変ですよね。そこで、時間の無い中で出来る、先日行った我が家流の(手抜き?)お食い初めについて、書き残しておこうと思います。
  • 献立は市販品や代用を利用して時短!

    お食い初めの献立と言えば、赤飯・吸い物・煮物・尾頭付き魚・漬物と歯固めの石を用意するのが一般的です。しかし、これらを一から準備するとなると、とにかく時間も手間も恐ろしくかかります。育児の合間に全部一人で準備するとなると相当大変ではないでしょうか。一方、我が家流では
    ①赤飯:市販の無洗米タイプ、1時間水につけ、炊飯器で炊くだけ。
    ②吸い物:蛤の吸い物、チルドタイプに三つ葉ときのこを追加。
    ③煮物:冷凍の和風野菜ミックスとさつまあげを使用。切る手間も煮る時間も短縮できます。
    ④尾頭付き魚:一般的には鯛ですが、義母さんの思いつきで、鯛焼きで代用。これには一家で大笑いしました。
    ⑤漬物:買い置きの梅干し(地方によって、しわがよるまで健康にと願いをこめて梅干しを使用するようです)
    ⑥歯固めの石:碁石(こちらも地方によって使用しているところがあるよう)。

    このようにして調理時間は実質30分強で材料費も通常の半分以下に抑えることができました。
  • お食い初め用品は、ネットで中古品を選択!

    お食い初め用品は、一度しか使わない割に、高級なものが多く購入をためらいがちです。でも、ネットやフリマアプリで中古品を検索すると、同じように1度しか使われていないものが山ほどありました。しかもお値段は定価の半額程度です。今回は、お食い初め用の食器と、紋付き袴風のロンパースを購入しました。終了後はきれいに洗いなおして、また出品して次の方に使っていただく予定です。

みんなへメッセージやアドバイス

準備が大変そう、と思ってお食い初めをやるか迷っているお父さんお母さんの参考に少しでもなればと思います。ぜひいろいろと工夫して、1度しかない行事を自分たち流で楽しんでみてください。
1

お食い初めの人気体験談ランキング

ひろばランキング

上へもどる