カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 早産 >
  5. <切迫早産体験記>甘く考えていたお腹の張り。張り止めが効かない!
早産

[27w]<切迫早産体験記>甘く考えていたお腹の張り。張り止めが効かない! [妊娠・出産の体験談]

7189人に読まれました
2016-03-10 15:32
3人目、妊娠8ヶ月に入ろうかという頃。
お腹が頻繁に張るようになりました。
心配になり、検診で相談するとNSTでお腹の張りをチェックしウテメリンが処方され安静にするように言われました。

動悸や手の震えなど副作用は辛かったですが、お腹の張りがほとんどなくなったのでいつも通りに生活してしまいました。
安静という意味をよく理解していなかったのと、上の子たちの世話があり、どうしても動かなければなりませんでした。
  • 張り止めが効かなくなる

    最初は効いていた張り止めが段々効かなくなり、以前よりお腹の張りが更に頻繁になってしまいました。
    さすがにヤバいと思い病院へ行き診察すると、経産婦ということもあり子宮口は2センチ開大、いつ本格的に陣痛が始まってもおかしくない状態だと言われそのまま入院になりました。34週でした。
  • 大きな病院へ転院

    入院してすぐ張り止めの点滴が始まりました。ですが増やしても増やしてもお腹の張りはおさまりません。

    私が出産する予定だった産院は個人産院で早産には対応できず、このまま出産すると赤ちゃんだけNICUのある大きな病院へ搬送される事になり離れ離れになってしまうため、転院をすすめられました。
    かなり遠くの病院になるので上の子たちの事も心配でしたが、お腹の子を最優先に考え転院を決めました。
  • 何とか36週までもちこたえる

    かなりMAXな量の張り止めを点滴して、無事に36週に突入。理想は37週以降の出産ですが、私がいた病院は36週で点滴を減らし始めるという方針でした。3日かけて少しずつ減らし点滴を止めました。ずっと繋がりっぱなしだった点滴が外れた時の開放感は忘れられません。

みんなへメッセージやアドバイス

その後37週までもたずに出産となりました。
何でもっと早く受診しなかったのだろうと、早く生まれてしまうかもしれないお腹の子に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
お腹の張りがいつもより多い時は安静にして早めに受診してほしいと思います。
1

妊娠27w前後の体験談

上へもどる