カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 検査 >
  5. 血液検査や子宮がん検診、尿検査など…妊娠してからの検査
検査

[35w]血液検査や子宮がん検診、尿検査など…妊娠してからの検査 [妊娠・出産の体験談]

2015人に読まれました
2016-04-07 10:27
妊娠がわかり産婦人科へ行くと、
母子手帳をもらえるころに血液検査が行われます。
私のクリニックの場合ですが、血液型検査、貧血検査、
甲状腺機能検査、性病検査、B型、C型肝炎ウイルス検査、
風疹抗体検査、不規則抗体検査、HIV検査、ATL検査等の項目の検査がありました。

風疹抗体は気になっていましたが、抗体があり安心したの覚えています。
検査項目が多くて金額も高額ですが、
助成券が使えるので手出しはほとんどありませんでした。

血液検査以外にも、子宮がん検診もありました。

妊娠中期にも血液検査が行われます。
私の場合、貧血検査と甲状腺の検査がありました。
甲状腺は問題ありませんでしたが、貧血と言われ、
鉄剤を飲むほどではないものの、食べ物で補う用指導がありました。

後期に入り里帰り先の病院でも血液検査がありました。
初期に行った検査項目の内容は紹介状の中に同封されていたようですが、
念のため、血液型と貧血の検査を再度行われました。
ここでも貧血と言われ、数値がかなり低かったので鉄剤を処方されました。

妊娠初期から通して行われるのは、
血圧、尿検査、体重測定です。
尿検査は尿糖、尿蛋白を見ていますが、
尿に糖がでると、糖負荷検査があるようです。
私は一度も出なかったおかげか、その検査はありませんでした。
後期に入ると毎回浮腫の検査もあります。
足首あたりを指で押して見ているようでした。

超音波検査は、胎児が小さいうちは経膣エコーで、
ある程度の大きさになると、経腹エコーとなりました。
また、内診も定期的にあり、出血の跡や子宮頚管の長さを見て、
早産の兆候がないか診断しているようでした。

みんなへメッセージやアドバイス

病院によって検査項目や検査時期が違うようです。
毎回内診があるところもあれば、ほとんどやらないところもあるようで、
私のクリニックは内診が多いなと感じたので、事前に方針を聞いておくのも良いかもしれません。
2

妊娠35w前後の体験談

検査の関連カテゴリ

上へもどる