カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. その他 >
  5. 妊娠中に購入した本「娘が妊娠したら親が読む本」
その他

[26w]妊娠中に購入した本「娘が妊娠したら親が読む本」 [妊娠・出産の体験談]

2063人に読まれました
2016-04-15 15:52
今回 初めての出産ですが、里帰りをしない予定です。

現在の住まいと実家は新幹線で4時間ほどかかってしまう距離。
里帰りしたほうが楽だよ、と周りからも聞いていましたが
里帰りしないのは初めての出産・子育てを夫と一緒に経験したい気持ちが1番強かったからです。

大人になってしまうといろいろ経験してしまうので「初めてのこと」、ってなかなかないですよね。
それも大切な大切なわが子にかかわること。
大変だけど夫と一緒に経験したいな、と今も変わらず思っています。

里帰りしないので、出産したら母親にけ今の住まいに来て手伝ってもらおうとお願いしました。
いわゆる、「里出張」と呼ばれるものです。

2ヶ月ほど前に出産前の最後の帰省で実家へ帰ったのですが、出産にかかわることについて実母が
先走った行動をしたり、せっかく実家に帰省したのだからという親心が強すぎて逆に窮屈になったり、イライラしたりしてしまったことがありました。
このままでは出産後 実母が来ても絶対大喧嘩してしまう、と思い、なんとか私の気持ちもわかって欲しいな、と思っていたところ、この本に出合いました。

「娘が妊娠したら親が読む本」。

内容は妊娠初期から妊娠後期、出産までについてのポイントが書かれています。
その流れの中で 娘の親としてどんな言葉を娘にかけたらよいのか、などのアドバイスなどが載っています。

特に印象に残ったのはなにをするにしても両家の足並みをそろえること。
ベビー用品を揃えるにしても 出産に関してもお祝いごとに関しても片方の親だけがしないこと。
「あちらばかり・・・」「なにも知らなかった」などどちらかの親がそんな思いをしないため、
足並みをそろえるようにしたほうが良いということ。

これはすごく納得しました。
実母は孫の誕生のうれしさあまり、勝手にベビー用品を揃えたりしてましたから。。。(汗)
この部分はしっかり蛍光ペンでマーカーを引いてよく読んでもらうようにしました(笑)

ほか、里帰りしたときには母娘でちゃんと生活リズムのパターン、それぞれの役割分担を事前に決めておくこと、なども書かれています。
母娘で慣れた関係のなかで逆にトラブルになったり、ぎくしゃくしないための予防策です。
これも納得。

里出張も同じことです。
娘の夫に対して実母が気を付けることなども書かれています。

ほか、昔の子育て、今の子育ての違いなども書かれていますので娘の方から1つ1つ説明しなくてもこの本を読んでもらえばある程度 娘側の意見も伝わるかと思います。

わたしはこの本にいっぱい付箋を貼り、大切なところはマーカーを引きました。
これを母親に贈ろうと思います(笑)


0

妊娠26w前後の体験談

上へもどる