カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. その他 >
  6. いきみ方って大事なんだ!自分なりにやったら血圧上昇
その他

[39w]いきみ方って大事なんだ!自分なりにやったら血圧上昇 [妊娠・出産の体験談]

2215人に読まれました
2016-04-07 14:42
娘を出産した際 分娩に立ち会ってくれてのはたった一人の助産師さんだけ。
赤ちゃんが出てくる所が切れないように集中していた為か いきみ方への声かけはなく。
自分なりでやっていたら血圧が上がって 体調を崩しやすい身体に。
  • 刺激をしてもらい 陣痛へ

    2人目の娘は 予定日間近でもなかなか出てくる気配なし。
    1人目が37週0日で出産になったので それよりも早まるのではないかと冷や冷やしていたのも 拍子抜けでした。
    娘は体重も推定3000グラムを超えていたので 健診の際先生にお願いし出産へ繋がるように刺激をしてもらいました。
    すると翌日の夕方、陣痛が。
    10分間隔になったので病院へ連絡すると 夕飯がもう出ないので夕飯を食べて 経産婦なので5分間隔になったら来て下さいと指示を受けました。
    そして 夏の為汗を流したいと思い先にシャワーに入ると 間隔が段々短くなっていく事に気がつきました。
    急いで夕飯を食べ 父の運転する車へ。
    車内で私が声を上げる間隔が段々短くなっていく事に母が焦りを覚えていたと言います。
    無事産院へついて手続きをする間もなく分娩台へ。
  • 分娩台へ上がって30分で出産へ

    分娩台へ上がると既に子宮口が7cm開いてるとの事で そのまま出産準備へ。
    病院によりけりなのかもしれませんが 1人目の時は分娩台に足置き場があって そこに足を置くとテープで固定されました。助産師さんも3人くらいいて 私が破水するまで待機してくれてました。

    しかし娘の時は 足を固定するどころか触りもせず 助産師さんも一人でした。

    陣痛が強くなりいきみたくなった時も特に何も言われず 経産婦だからなのかな?と思いながら自力でいきんでいました。
    助産師さんは 赤ちゃんが出てくる所で準備をしていました。
    自分なりで頑張ってしばらくたつと もう一人助産師さんが来て そこで初めていきみ方を変えないと もう頭が見えてるので赤ちゃんが飛び出してしまう!とアドバイスをもらいました。

    「え?!」と衝撃を受けながらも何とか呼吸法を変え 娘は無事に産まれてくれました。
  • 血圧上昇

    カンガルーケアーをしていた時 私の母親が分娩室に入って来て血圧モニターを見てビックリしました。
    それは 血圧がいつもより高い数値だったからです。
    それでも一応異常なしで出産は終えましたけど 後から考えると不安に思う事が多い出産となりました。

    産後 退院する前より咳が出たりして体調が悪くなり 退院すると咳と熱が2ヶ月以上続き 肺炎にもなってしましました。
    病院で診察してもらった結果 出産時にいつも以上に血圧が上がると 体調を崩しやすくなるという事を聞きました。

みんなへメッセージやアドバイス

陣痛中は 中々冷静に考える事って出来ませんよね。
無我夢中でいきんで 汗だくになって赤ちゃんに会える!というものだと思います。

そのせいだと断言する事は出来ませんが いきみ方一つでも産後の体調に繋がる事があるんだと知りました。
なので3人目の時は病院を代え バースプランにもいきみ方のアドバイスをしてもらえるよう書き 慎重になりました。

出産時は 助産師や医師が沢山いると恥ずかしいかもしれませんが 自己流ではなく何人もの方に励まされ声をかけてもらい そのアドバイスによって安心して頑張れる気がします。
0

妊娠39w前後の体験談

上へもどる