カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. その他 >
  5. 出産後の夫婦関係◇想像以上に主人への感情が変化!
その他

[0歳1ヶ月]出産後の夫婦関係◇想像以上に主人への感情が変化! [妊娠・出産の体験談]

3589人に読まれました
2016-08-31 16:04
我が家の体験談です。
出産前は自分で言うのも恥ずかしいですが、比較的仲の良い夫婦でした。
たまには喧嘩をすることもありましたが、私は主人のことが大好きでした。

出産をしてもこの関係は変わらない、そう思っていました。

しかし、いざ出産をしてみたら想像以上に主人への感情が変化してしまいました。
決して嫌いになったわけではありません。
でも、それまで一番だった主人の存在が、子どもができた瞬間にどんどん下へと下がってしまったのです。
一番の存在は絶対的に「子ども」。
自分の子どもがここまで大切で愛おしいものなんだということに、自分でも驚いたくらいでした。

慣れない子育てからの疲れも手伝い、主人に対してはイライラする毎日。。。

今考えてみれば、八つ当たりばかりされ可哀想だったなぁと主人に同情してしまいます。
それほど私は余裕がありませんでした。
  • 夫婦生活について

    そうなってくると夫婦生活なんて正直やる気が起きません。
    特に授乳をやめるまでは胸を触られることに強い嫌悪感まで抱くようになってしまっていました。

    ただでさえ性欲がない状態での夫婦生活。
    ましてや、子どもが起きちゃうんじゃないかとヒヤヒヤビクビクしながらですから、気分なんてあったもんじゃありません。

    このまま、私たち夫婦は壊れてしまうんじゃないか・・・、そんなことまで頭をよぎることもありました。
  • 卒乳後、気持ちに変化が!

    私は子どもがちょうど1歳になったときに卒乳をしました。
    そして、生理再開。

    その頃から少しずつ気持ちに変化が出てきました。

    性欲というものはそれでもほとんどありませんでしたが、その行為自体に対して持っていた嫌悪感が徐々に解消されていったのです。
    また、卒乳により子どもが夜何度も起きる事がなくなったので、子どもの様子をそれほど気にしなくてよくなったのも大きかったと思います。

    そして、何より二人目が欲しかったのも私が夫婦生活を頑張れた原因でした。

    夫婦生活を行うことによって、主人との関係も少しずつ修復されていったように思います。

みんなへメッセージやアドバイス

子どもを産むと「女性」ということより「母親」ということのほうが自分の中で大きな比重を占めてしまう人も多いと思います。
私も例に漏れずその一人です。

しかし、子どもの母親であると同時に主人の妻でもあるのです。

夫婦関係がうまくいっていれば家族関係もうまくいくと思います。

たとえ気分がイマイチ乗らなくても、主人のためだと思ってこれからもたまには夫婦生活を頑張ろうと思います。
1

上へもどる