カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 切迫流産・流産 >
  5. 入院便利グッズ~暇つぶしグッズ編~
切迫流産・流産

[34w]入院便利グッズ~暇つぶしグッズ編~ [妊娠・出産の体験談]

886人に読まれました
2015-07-31 10:28
切迫流産の診断を受け、長期入院となりました。時間のゆとりも出てきたころに暇つぶしに便利だったモノをご紹介します。
  • 数独にはまる日々

     もともとパズル系のゲームは好きだった私ですが、数独の雑誌を買ってきてもらって、黙々とこなす日々を過ごしました。
     いくら好きな遊びといってもなかなか日常では没頭して解いていく時間はとれないものですが、せっかく時間がたくさんある毎日でしたので、雑誌にある問題を全問制覇しました。横になって本を片手にすごすのは割と大変ですが、雑誌がそこまで重たくないのでやりやすかったです。
     また、このパズルを解く用に「消えるボールペン」を買ってきてくれました。これがオススメです。消しゴムをつかうとどうしても消しカスがでるのでベッド上で横になって使うのは抵抗があるのですが、消えるボールペンはゴミがでないので便利です。
     数独に没頭したのにはもう一つ理由があります。切迫流産での入院で、何もせずにボンヤリしているとどうしても良くないことばかり考えてしまって時間が経たないという問題があったのですが、パズルに没頭することで悪いことばかり考える時間が短くなり、いい気分転換になりました。
  • 本を読むなら文庫本

     小説も何冊か読みました。これも時間つぶしには良かったですが、あまり長時間読んでいると目が疲れてしまうので少しずつしか読めませんでした。張り止めの点滴の影響もあったり、長期にわたって安静にしているために体力が低下していたのも影響していたと思います。
     読みたい小説はスマホで検索して夫に買ってきてもらいました。今はこうした買い物ができるのは便利ですね。
     入院中の時間つぶしに本を用意する人はおおいと思いますが、個人的には雑誌はあまり読みませんでした。最近の雑誌は重たいものが多く、横になったままでは読めず、うつぶせの姿勢にはなれませんでしたので、結局買ってきてもらっても読まないままということが多かったです。

みんなへメッセージやアドバイス

 今思えば、出産前、時間があるときにもってあんなことをしていればよかったと思うこともたくさんあります。何より寝ればよかった、とかもっとベビーグッズを作ってみたりすればよかったとか、思うこともありますが、自分だけの時間は産後は皆無ですので、可能な範囲で自分のために時間を使う、無駄にゆっくり過ごすというのもいいですよ。
1

妊娠34w前後の体験談

上へもどる