カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. かゆみ >
  5. 妊活  体のトラブル(膣カンジタ)
かゆみ

[1w]妊活  体のトラブル(膣カンジタ) [妊娠・出産の体験談]

2849人に読まれました
2015-07-19 15:08
不妊治療を始めてから、体のトラブルが増えました。薬や注射の副作用でお腹が痛かったり、頭が痛かったり・・・。とくに下半身のトラブルは多かったです。
ここでは、私がなった膣カンジタの症状と治療薬、予防方法について紹介します。
  • 膣カンジタになった時

    私が膣カンジタになったのは、2回目の人工授精後のことでした。
    なんか外陰部がかゆいなぁと思ってて、そのかゆみがだんだんひどくなってきました。蒸れてかゆいというのとは違って、ひどいかゆみでした。
    「カンジタ」という言葉は聞いたことがあったけど、その時は自分がまさかそれとは思いもしませんでした。
  • 症状

    症状は、ひどいかゆみのほかに、おりものが異常でした。白くポロポロしたおりものでした。こんなおりものは初めてでびっくりしたので、まずはインターネットで検索して、自分に何が起こったのかを調べました。
    ひどいかゆみとおりものの異常から、膣カンジタではないかと思い始めました。
  • 診察と治療薬

    不妊治療をしていると、病院で下半身を先生に見られることが多いけど、こういう下半身のトラブルでまた見られるのは恥ずかしいなぁと思いつつも、自分の判断で市販の薬を使うのは不安があったので、病院に行き、診察を受けました。
    診てもらうと、膣が炎症を起こしていたみたいで、すぐに膣内に薬を入れられました。
    私の場合、膣カンジタになるちょっと前に、膀胱炎になってしまっていました。その時に抗生物質を服用していたため、それによって膣を保護する働きの細菌を殺してしまい、カンジタが大増殖して炎症が起こったのではないかと言われました。
    病院では、膣座薬を入れられた他に、塗り薬ももらいました。

    そして、膣座薬と塗り薬のおかげで、かゆみはすぐに治まりました。
  • 予防方法

    私は薬を塗るとすぐに治りました。しかし、膣カンジタは一度治っても再発しやすいので、日常生活でいくつかのことを気をつけることが必要です。
    膣カンジタが再発する原因は、風邪・疲労・ストレスなど、日常生活での免疫機能の低下、体内のホルモンバランスの変化、締めつけたり通気性の悪い服装などです。
    再発予防のために、気をつける点は次の4つです。
    1.通気性の良い綿の下着や、ゆったりした洋服を着用すること
    2.シャワーや入浴、水泳の後は、完全にデリケート部分を乾かすこと
    3.生理中以外のナプキン使用は、マメに交換すること
    4.排便または排尿の時は、前から後ろにふきとること

みんなへメッセージやアドバイス

膣カンジタになってからは、下半身に湿気が溜まらないように気をつけるようになりました。入浴後は水分が残らない状態で下着をつけるようにしています。また、私は生理以外でもおりもの用の小さなナプキンを使っていますが、交換する頻度を増やしました。
そのおかげか再発は1度もしていません。
やっぱりかゆいのは辛いので、今後も継続して気をつけていこうと思います。
1

妊娠1w前後の体験談

上へもどる