カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 陣痛 >
  5. 症状・痛み >
  6. 陣痛から出産まで・・・長いようなあっという間だったような半日間
症状・痛み

[39w]陣痛から出産まで・・・長いようなあっという間だったような半日間 [妊娠・出産の体験談]

18954人に読まれました
2016-08-05 13:04
出産予定日が近づくと、初めての出産ということもありなんだかそわそわします。いつ陣痛が来るのか、破水が先にきたらどうするのか、一人のときや外にいるときだったらどうしよう?など、いろいろ考えて落ち着かないものでした。

また、とてつもない痛みとは聞くものの、陣痛はどれだけ痛いのか、はたして自分に耐えられるのか?なんてことも気になりました。
  • これって陣痛?から入院まで

    予定日の前日、まだかな~?なんて思いつつ起床し、いつもどおりに洗濯などしていると、なんとなくお腹が痛い気がしてきました。

    あらかじめインストールしておいた陣痛アプリに一応入力するものの、1時間だったり30分だったり、規則的ではないので違うかな?と思っていたら、昼ごろになって10~15分置きになってきました。

    あわてたものの、だんなさんがたまたま休みであったため、一緒にお昼(しばらく食べられないだろうということで、近くのラーメン屋さんに笑)を済ませると、痛みは10分を切る間隔に短くなっている!病院へ電話し、タクシーを呼んで向かったところ、子宮口は2cmでまだまだだけど入院しましょうとのこと。
    ついにか・・・と覚悟を決めるときがきたのです。
  • 出産まで・・・最後のほうはほとんど記憶がありません!

    13時の入院するころには、既に陣痛中は歩くのもつらいくらいに。
    とにかく腰周り?が痛くてしょうがないんです。

    そんなこんなでなんとかパジャマに着替え、陣痛室でモニターをつけて確認。
    寝ている姿勢は意外とつらくて、モニターが終わってからは別途の端に座っていました。

    痛みがきたらとにかくひたすら耐えるのみ。隣の人もそうでしたが、軽く叫んでました。

    トイレに行くのも一苦労で、途中で1回、トイレ中に1回、帰ってくるときに1回休んでという感じ。
    夕ご飯はもちろん食べられそうになく、なんとかゼリー飲料でを流し込んでごまかしました。

    陣痛間隔がかなり短くなった7時ころ、じわっと水が出てくる感覚がありナースコール。
    破水で、子宮口も全開になっていたため分娩台へ。
    立ち上がっ時にさらに水がばしゃーーーと出てきたのは覚えていますが、その後分娩までの記憶は正直あまり定かではありません。

    痛くて痛くて、でもきちんと呼吸しないと赤ちゃんも苦しいよ、赤ちゃんもがんばっているよとの助産師さんの言葉に助けられ、なんとかふー!ふー!と呼吸だか叫びだかわからないものを出し、ものすごい痛み!!と思ったら赤ちゃんの頭が出てきてる、ひっかかってるから先生を呼んできて少し切ってもらったら出てくるよ、と言われて、初めて先生がいないのに気づいたと思います。

    おぎゃーと出てきてくれた赤ちゃんをみて、ああ無事に終わったんだ、とほっとしたのは何となく覚えています。

みんなへメッセージやアドバイス

その後、出血などあったため産後の処置が2時間近く続き、赤ちゃんにゆっくり会えたのは22時過ぎ。疲れていたけど、同時に安堵感と達成感で、放心状態でした。その後も傷の痛みなど続きましたが、陣痛中、特に子宮口全開ごろの痛みが一番辛かったかな?と思います。
1

妊娠39w前後の体験談

症状・痛みの関連カテゴリ

上へもどる