カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 不妊治療 >
  5. 顕微授精〜3度目の採卵、2度目の移植。結果は〜
不妊治療

顕微授精〜3度目の採卵、2度目の移植。結果は〜 [妊娠・出産の体験談]

353人に読まれました
2016-02-25 16:20
今回で3回目の採卵。
凍結胚確保は求めている状況ではない私たちは
新鮮胚での移植から。

1度目は低刺激で4つ採卵、うち3つ受精。
1つを8分割で新鮮胚移植
残り2つは凍結前に停止してしまいました。
移植した受精卵も着床にはいたらず。

2度目は低刺激で採卵4つ
受精したものの8分割まで育たず。
新鮮胚移植の日に
「移植できる卵がありません。」と
伝えられました。

3度目。
今回は自然周期で1つの卵を採卵。
ありがたい事に移植の日まで卵ちゃんが育っていてくれました。
そして移植。

  • 判定日までの過ごし方

    結果の日まで9日間。
    とにかくストレスレスで過ごし
    眠いので寝て過ごしていました。

    今回は採卵の日も夫と一緒に病院に行ける土曜日でした。
    それだけで心強い。
    自然周期のせいなのか、採卵の順番も3番目の受付でしたが
    1番に手術室に入る事ができました。
    麻酔もないので安静時間も短く
    夫とランチをして帰ってくる事ができたり。
    納得のできる治療ができました。

    移植後の過ごし方も納得できる方法で。

    楽な方を選んだ事も間違いではないのですが
    あれこれ考えずに眠りたいだけねよう!
    身体を休めましょう!と決めました。

    お姫様生活はしなくていいと先生も言う。ネットにもそうある。
    けど、皆さんのブログを拝見していると、
    半分くらいはお姫様生活して陽性反応もらってるじゃん!って
    思ってしまいました。

    きっと本当に卵子と精子との頑張りによってできた受精卵次第なのだと思うのですが
    お姫様生活が悪いってことではなさそうなので!

  • 結果発表〜

    夢の様な瞬間!!!!

    「陽性反応ででます。」
    「良かったですね。」
    「まだまだ、頑張ってください。」
    という言葉を頂く事ができました。

    ほっとしたのもつかの間
    妊娠を継続するための
    膣剤を渡され、
    1日3回の投薬。その度に
    「まだ、私は綱渡り状態?!なのだな〜」
    「心拍確認まで、怖い!!!」
    という心情に少々疲れてしまうのでありました。

みんなへメッセージやアドバイス

不妊治療院は2件。
一件目で男性不妊を疑われすぐに男性不妊に強い病院を紹介されました。
二件目で精索静脈瘤の手術。
その後私の仕事の退職を待って顕微授精開始。

期間は検査を含めると約1年3ヶ月。
治療だけで言いますと8ヶ月。2ヶ月に1回の顕微授精でした。

これだけでも私は数年分の神経を集中させました。
涙も沢山流しました。
気持ちの落ち込みも激しかったです。

私よりももっともっと期間をかけて治療されている方もいらっしゃると思うと
本当に胸が熱くなります。
0

上へもどる