カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 食事・飲み物 >
  5. 妊婦に適したごはん!それはおでん!
食事・飲み物

[21w]妊婦に適したごはん!それはおでん! [妊娠・出産の体験談]

3200人に読まれました
2016-02-28 14:19
おでんと言えば寒い冬にふうふうしながら食べたいひと品ですが、
妊娠中は意外と低カロリーなので年中重宝します。

おでんを利用して、美味しい毎日を過ごす方法をお伝えします。
  • 素材選びでヘルシーメニューに早変わり

    おでんは、まず出汁で味を変えることができます。
    もし味付けに物足りなさを感じたら、
    濃い目の出汁をとって煮ることで満足感が高まります。

    まず外せないのが、大根です。
    低カロリーで食物繊維も豊富に含まれているほか、
    胃腸の調子を整えてくれるのでつわりの際の胃のムカムカにも効きます。
    むくみ予防のカリウムも含まれているので
    是非最初に食べたいメニューです。

    次に、しらたきやこんにゃくです。
    ほぼカロリーが無く、噛みごたえ抜群なので
    体重管理にもってこいです。
    便通の改善にも役立ちます。

    次にはんぺんです。
    おでんに使われる練り物は他にがんもどきやごぼう巻きなどがありますが、
    それらは揚げてある分カロリーが高いです。
    はんぺんはその点揚げていないので安心して食べられます。
    また元は魚なのでタンパク質も豊富に含まれております。
    同様に、魚のすり身を使ったつみれもお勧めです。
    ご自身で作られてもイイですが、市販のものを購入する際は
    添加物などをよく見てから購入することをお勧め致します。

    よく妊娠中は卵を食べてはいけない、と言いますが
    おでんの場合は火がしっかり通った卵なので安心して食べられます。
    サルモネラ菌での食中毒の心配がないです。

    卵は免疫力を高める効果が有り、
    風邪をひいても市販の薬が飲めない妊婦さんにとって
    ありがたい食材です。
    また、鼻水やたんのキレを良くする働きもあるので
    花粉症の時期に卵のおでんを食べてみてはいかがでしょうか。

みんなへメッセージやアドバイス

妊娠中レパートリーに困ったら、煮込むだけのおでんを試してみて下さい♪
0

妊娠21w前後の体験談

上へもどる