カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中期(5~7ヵ月) >
  4. 体調・症状 >
  5. これってお腹の張り?出血無しで切迫流産になったお話
体調・症状

[19w]これってお腹の張り?出血無しで切迫流産になったお話 [妊娠・出産の体験談]

12356人に読まれました
2015-07-22 11:48
お腹の張りっていつあってもおかしくないものだと思っていました。その怖い知識の無さで入院になったお話です。
  • これってお腹の張り?

    妊娠発覚後すぐに始まった辛いつわりも落ち着きだし、妊娠5カ月の安定期に入ったころです。何かお腹に違和感を感じだし、キュウンとした収縮を感じるようになりました。これが俗に言うお腹の張りなのか?と思いましたが、お腹の張りっていつあってもいいものだと思っていました。
  • 妊娠中期のお腹の張りは要注意!

    しかしこのお腹の張りがいつまでたっても続き、気になって調べてみると妊娠中期はお腹が張ることは無いという情報を目にしました。お腹が張り続けるようなら危険、と。しかしまだ妊娠5カ月ってお腹がぽっこりでてるかな?という程度で、これがお腹の張りなのかどうかすらわかりませんでした。ただ、触ってみると腹筋に力を入れているような硬さを感じ、病院で受診することにしました。
  • 病院で切迫流産と診断され入院に

    病院で受診すると、確かにお腹が張っています、と診断されました。すぐに内服薬を処方され安静にするよう言われ帰宅しましたが、薬が全く効かずもう一度病院へ。お腹の張りがおさまっていないことが確かに確認され、そのまま緊急入院になり24時間点滴の絶対安静を言い渡されました。自宅に帰宅することも許されず、この時初めて出血以外でも切迫流産で入院することがあると知ることになりました。
  • ウテメリン投与、その後の経過は・・・

    入院してからウテメリン(そのほかの名称もあります)という薬の投与が始まり、副作用の強さに耐えました。激しい動悸と手足の震え、嘔吐を繰り返しましたが、赤ちゃんのためにと必死に耐えました。入院中辛くて毎日泣いていましたが、診察で赤ちゃんの心音を聞けて励みになったのを覚えています。その後症状は回復し退院しましたが、退院後も念のため張り止めの内服薬を処方され、臨月にはいるまでは毎日薬を飲んでいました。

みんなへメッセージやアドバイス

最終的に予定日を過ぎて、元気な男の子を超スピード安産で出産しました。院長先生には、「切迫流産で入院になったとき、お腹の張りもおさまらないし正直もう駄目だと思った。元気な赤ちゃんが生まれて良かった。」と言われました。不安と恐怖の毎日でしたが、諦めずに赤ちゃんと自分を信じて頑張って良かったと思いました。

まず妊娠初期や中期ごろにお腹の張りを感じたらかかりつけの病院に相談されることをおすすめします。これくらい大丈夫だろうと、知識の無い状態で放置すると最悪の結果にもなりかねません。ぜひこれはお腹の張りなのかという疑問だけでも受診してください。
また、今切迫流早産と診断された方や入院しているかた、絶対にあきらめないで頑張ってください!終わりは必ず来ます。元気な赤ちゃんに会えることを願って、赤ちゃんと自分を信じてくださいね。
3

妊娠19w前後の体験談

上へもどる