カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 1歳 >
  5. 病気で外出できないときに2歳以下の子どもがハマるおもちゃ!保育園で学ぶ
1歳

[1歳0ヶ月]病気で外出できないときに2歳以下の子どもがハマるおもちゃ!保育園で学ぶ [育児・子供の病気の体験談]

469人に読まれました
2015-07-23 10:13
病気で外出できないときで、少しでもストレスが減るような対策があるといいですよね。

おもちゃに飽きがちな子どもさんにこんなおもちゃはいかがですか。
  • おもちゃの悩み

    外出できないような病気になると、家にずっといるのも親子共々ストレスがたまりますよね。
    けれど子どもはすぐにおもちゃに飽きてしまう!
    だからといって病気で外出できないから、目新しいものも買えないし、、

    そこで家にあるものですぐに出来ちゃう超簡単手作りおもちゃをご紹介します。
  • 「入れて落としていく」おもしろさ

    子どもが通う保育園で何やら子ども達が黙々と遊んでいるおもちゃがありました。
    「ぽっとん遊び」というやつです。
    細長いものを狭いところに入れてぽっとんぽっとんと落としていく動作が子どもにとっておもしろいようです。
    保育園のはペットボトルやタッパーを切り込んでテープで加工してありました。
    が、もっともっと簡単な作り方を保育士さんに聞く機会がありました。めんどくさがりな筆者でもこれなら安心でした。
  • 作り方

    超簡単なので作り方もないくらいです。
    用意するのはまず牛乳パック。飲み終わったあと、注ぎ口の反対側はあえて開かずに中をきれいによーく洗います。
    乾かした後は、細長い物を集めるだけ。
    我が家は上の子のブロックの中でも細長い物を集めました。
    もし無い場合はホームセンタなどで手に入るゴムホースを7㎝ほど切ったものや、ペットボトルのフタをテープでとめたものでも可能だそうです。
    とにかく細長いものが入れるのに最適です。

みんなへメッセージやアドバイス

子どもが病気のときでも親子共々ストレスフリーでなるべく過ごしたい物ですね。
2

上へもどる