カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おむつ・おしり >
  4. おむつかぶれ >
  5. 新生児からのおむつかぶれ対処法
おむつかぶれ

[0歳0ヶ月]新生児からのおむつかぶれ対処法 [育児・子供の病気の体験談]

1025人に読まれました
2015-07-23 12:01
我が家のおむつかぶれの対処法をご紹介します。
  • おむつかぶれ

    我が家の3人目の子供は新生児期からひどいおむつかぶれが
    ありました。
    病院を退院してすぐから皮膚が赤くなってきました。
    まず最初に行ったのは、おむつのメーカーを変える事でした。
    赤ちゃんによっておむつの合う合わないがあるようで
    我が家の子供は3つ目のメーカーでやっとおむつが
    合ったようでかぶれもどんどんと消えていきました。
  • かぶれ初期の対処法

    おむつかぶれのはじめ頃の、おしりが赤く腫れる程度の時は
    おむつを交換する時にぬるま湯でおしりをきれいに洗い流して
    やさしく拭いてしっかりとおしりを乾かした後で
    新しいおむつをしてあげてください。
    夏場は他の時期よりも汗をかきやすいのでかぶれの原因に
    なっているのかもしれないのでおしりだけでなく
    からだもぬるま湯につけて汗を洗い流してあげるのも
    あせも対策になっていいかもしれませんね。
  • かぶれがひどくなってきたら

    かぶれが腫れだけでなくじゅくじゅくしたり完全に膿が
    やぶれたような状態になったら、赤ちゃんもひどく泣いたり
    ぬるま湯につけてもしみて痛くて泣いてしまうと思います。
    その状態になったらワセリンを使用してみて下さい。
    ワセリンも色々なメーカーから新生児から使える
    ベビーワセリンが販売されていますので安心して
    使って頂けると思います。
  • ワセリンの使い方

    ワセリンは水をはじくのでかぶれのひどい部分に
    塗ってあげると赤ちゃんもしみて痛いのが
    軽減されると思います。
    まず、使う前に手を清潔にきれいに洗ってください。
    適量を手にとって手の温度で常温に温めてから、赤ちゃんが
    痛くないようにやさしく患部にワセリンを塗ってください。
    量的にはそんなに大量に塗らず、患部にワセリンで
    膜をはるというイメージで使用してください。
    おむつかぶれ以外でも乳児湿疹などのお肌のケアにも
    ワセリンは使用できます。
  • 注意点

    ワセリンは赤ちゃんの皮膚のケアに万能ですが、
    アトピー性皮膚炎の場合は絶対に使用しないでください。

みんなへメッセージやアドバイス

不安な場合は必ず医療機関の診察を受けてください。
1

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる