カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 帝王切開 >
  6. 帝王切開経験談 予定帝王切開編
帝王切開

[39w]帝王切開経験談 予定帝王切開編 [妊娠・出産の体験談]

616人に読まれました
2015-08-03 14:34
今までの二回の帝王切開経験のうちの二回目です
  • 予定帝王切開

    二回目の帝王切開。
    以前の恐怖を知っているだけに、緊張は高まりました。
    正直逃げ出したくなりました。
  • まずは入院から

    予定帝王切開なので、数日前から入院します。

    その間、点滴したり、絶食になったり、浣腸されたりします。

    食いしん坊の私は、術後もしばらくお粥くらいしか食べられないのを知っていたので、絶食前に売店でスイーツなどを買い込みたくさん食べちゃいました。
  • いよいよ手術室に

    車いすで手術室に連れて行ってくれます。

    息が浅くなり、恐怖でまたもやパニックに陥りそうですが深く深呼吸していました。
    看護師さんに、恐怖の気持ちを話まくったことで少しは和らぎました。

    まず麻酔の注射から。
    ぐぐっと針が中に入るので、めちゃくちゃ痛いです。
    次に温かい物を足の当たりに触れながら、麻酔の効きを確認。
    温かかったら、まだ効いていないということ。
    まだ温かかったので、もう一回打つ事に。
    結局なかなか効かず何度も何度も打たれました。
    正直、もう痛すぎて意識が飛びそうになっていて回数はあやふやですが、10回以上は打たれていた気が、、、
    この痛みは、針が中に入る痛みと、神経に当たるのか足がビリビリ痺れる痛みです。
    涙ぐみながらぐっと耐えました。
    麻酔科医が三人ほど交替で打っていました。
    人によって打ち所が微妙に変わるくらい繊細なんでしょうね。

    ようやく麻酔も効き、無事(?!)我が子と対面することができました。
    ちなみに、医師によると子宮筋腫があったが、あまりにも無数だったのでとっていないですよ、とのことでした。

    術後、縫い合わせるのを待つ間、ふと横に視線をやると手術中のに出た血がたっぷり入った容器が目に入ってきました。
    すると、またもや怖すぎてだんだん息苦しくなってきました。
    慌てて頭のところにいてくれていた麻酔科医の先生に「い、息苦しいです!」と訴えると、「深ーく呼吸してくださいねー」と安心感のある表情で言ってくださり、なんだか落ち着きました。

    当初聞かされていた手術時間を2時間もオーバーし、待ち合いの家族はさぞかし心配したようです。

みんなへメッセージやアドバイス

周りの帝王切開ママ達に聞いてみても私のように麻酔がなかなか効かなかった人はあまりいません。
だから、貴方も大丈夫!とは言い切れませんが、こんなパターンもあったよということで頭に入れておき、想定外の出来事があったときなどにスムーズに乗り切れますようにと思っております。
0

妊娠39w前後の体験談

上へもどる