カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. その他 >
  5. セカンドオピニオンの大切さ☆まろうの妊活4☆
その他

セカンドオピニオンの大切さ☆まろうの妊活4☆ [妊娠・出産の体験談]

302人に読まれました
2015-07-24 18:23
私は子宮筋腫を発症してから、5つもの病院を転々としました。

他の先生の意見も聞いてみたいなと思っても、今の病院の先生に悪いかなと思い足踏みしている方も少なくないでしょう。

また、紹介状がないと初診料がかかったり、レントゲン、CT、MRIなど再度やることになったり、1から経緯を説明しなくてはならず、お金も時間もかかりますよね。
しかし、納得のいく治療をしてもらうことや、相性の良い先生にかかることはとても大切なことです。

今回は私の転院体験を紹介します。
  • 今の先生に巡り合うまで

    最初は家の近くの小さな産婦人科で診てもらっていました。そこでもっと詳しく見てもらえる大学病院を紹介するよ、と先生が紹介状を書いてくれました。

    しかし、いざ行ってみると、手術してもしなくてもどっちでもいい感じの筋腫の状態だけど…。と、曖昧な返答。
    おまけに忙しそうにしていて、私の目なんて見てもくれない。

    まあ大学病院だしこんなもんなのかな、ととりあえず様子を見ることに。
    しかし、どんどん症状がひどくなってきたので再度半年後に受診したところ、また同じ返答。さすがに転院を考えました。

    しかし、違う病院を紹介してくださいなんて言いづらく、困り果てていた時期に、諸事情で引っ越しをすることに。
    近くに地域の産婦人科があったので、相談がてら受診してみたところ、

    「この状態なら手術した方がいいかもしれないね。しっかり手術してくれそうな違う先生を紹介してあげるよ。」

    となんとも優しい先生…!結構心も弱っていたのでうるっときてしまいました。

    以前の大学病院の先生の話をしたら、

    「あの先生は手術の腕も良くて実績も多いんだけど、結構様子を見たがる先生なんだよね。」

    とおっしゃっていました。いろいろな先生がいるんだなあと思いましたが、とにかくちょっと安心しました。

みんなへメッセージやアドバイス

こうして今の大学病院の先生に診てもらっていますが、しっかり丁寧に毎回問診をしてくれ、様々な治療法を提案してくれます。手術もして頂けました。

紹介状を書いてもらうと、次の病院で初診料が免除になったり、今までの検査をもう一度したり、という事が省略されたりするので費用が抑えられます。

「他の先生の意見も聞いてみたいので…」とやんわり伝えたり、言いにくければ窓口で伝えてもらうようにするのも手です。

時間はかかってしまいますが、あきらめずいろいろな先生に意見を聞きに行って、自分の納得いく治療ができるよう、自分からも動くことが大切なんだと改めて感じました。
1

上へもどる