カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 4~7ヶ月 >
  5. 動作・行動 >
  6. 生後5か月 歩行器に乗る
動作・行動

[0歳5ヶ月]生後5か月 歩行器に乗る [育児・子供の病気の体験談]

771人に読まれました
2015-07-31 02:48
首が座ったかと思うと、膝の上で足を延ばして「立ちたいポーズ」。
気晴らしにと歩行器に乗せたら、とてもご機嫌に・・・。
この時期の歩行器ってどうなの?

  • 目線が変わると楽しいようです

    縦抱きにしてもそうなのですが、目線がいつもより高い位置に来るのがとても楽しいようです。
    もともと、お腹にいた時から脚力が素晴らしく(?)、生まれてからもあちこち蹴飛ばしまくっているくらいに足は達者。
    歩行器でも蹴り蹴り進みます。残念ながら後ろにですが。
  • 立っていたいんです

    座ったままで縦抱きをすると、足が地面についてしまうときは自分で立とうとしていました。座らせようと思っても、突っ張ってなかなか座ってくれません。
    保育園で未就園児の集まりなどに参加すると、同じ月齢のママさん方に笑われるくらいの突っ張りっぷり。
    それが故の歩行器でしたが、歩行器をお古で譲ってくれた友人に、一人座りができていない状態では歩行器は早すぎるという忠告に、しぶしぶのせるのをやめることにしました。
  • 段階を踏んで・・・

    一人座りができていないということは、それだけ筋力が発達していないということ。
    本人が喜んでいても、体はまだ準備できていないのだそうです。
    保育士さんに相談したところ、そのような返答が返ってきました。
    寝返り、お座り、ハイハイ・・・と順を追って、足や腰の筋肉が発達するので、それを一っ跳びしようとすると発達の妨げになるのだとか。
    確かにうちの息子は、やたら立ちたがっていたこともあり、なかなか寝返り、一人座りが完成しませんでした。
    また、つま先は丸まった状態で、まだ立つ準備ができていないこと物語っていました。
  • 気分転換にたまになら・・・

    とはいえ、其処までご機嫌でいるのなら、ママが用事をしたいときの機嫌取り程度に短時間歩行器に乗せるのはかまわないとのこと。
    そうこういっているうちに、寝返りが完成し、ズリバイが始まると自分で動けるほうが楽しいらしく、歩行器には見向きもしなくなりました。

みんなへメッセージやアドバイス

この時、結構歩行器に乗せていいかを検索したりしていましたが、あまり具体的に乗せてはいけない理由を見つけることができませんでした。そのため、保育士さんに即答してもらいスッキリ。歩行器に寄り道せず、スパルタに寝返りの練習をさせればもっと早く歩き出したかも?と思ってしまう今日この頃です。
1

動作・行動の関連カテゴリ

上へもどる