カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中期(5~7ヵ月) >
  4. 食事・栄養 >
  5. アイスティーで、まさかの低体重児疑惑…?!
食事・栄養

[25w]アイスティーで、まさかの低体重児疑惑…?! [妊娠・出産の体験談]

2738人に読まれました
2015-08-08 02:31
37歳で結婚、38で妊娠、39で出産。
高齢初産でも、比較的順調な妊娠期間・出産を終えた筆者でしたが、一度だけ崖っぷちな状況に立たされたことがあります。
第25週~26週・ある真夏日の定期検診にて産婦人科医に言われたのが
『赤ちゃんが小さ過ぎる。このままだと低体重児の恐れがあるので、来週もう一回来て下さい』という衝撃的な一言。
それまでの検診では『すこーし小さいかも』ぐらいの指摘はあったものの、
母子共に異常らしい異常も無く、平穏無事に仕事を続けられていただけに、大ショックでした。
  • コーヒーよりも、紅茶の方を少なめにってこと?

    『何が原因なんだろう……?』スマホでめちゃくちゃ検索し続けた結果、カフェインがその原因となる可能性大である事が判明。
    『ゲッ! コーヒーじゃないからって油断してたけど、もしかして紅茶のカフェインもヤバいってこと?!』
    …その当時の私は、夏場暑いのを口実に、リ〇トンイエローラベルの24パック入りお得用サイズを購入して、毎日のようにティーポットで煮出した紅茶をアイスティーにしては、何杯もガブ飲みしていたのです。無知って恐ろしいですね。
    私が検索して辿り着いたサイトの記事によると、一般的に妊婦が飲んで良い1日のコーヒー量は
    3~4杯だそうです。問題の紅茶は、1日1~2杯程度。
    カフェイン含有量はコーヒーの方が高いのに、紅茶の方がコーヒーよりも、摂取量を少なくしないといけなかったのです。
    摂取量の目安については諸説ありそうですが、筆者の体に関しては信憑性が高そうだったので、以後紅茶は極力控えるようになりました。カフェインを控えた方が良い事くらい、世間では常識なんですけどね…。
    次の検診結果では、500g台だった赤ちゃんの推定体重が、630gに。
    無事標準値範囲内になったので、緊急入院などは免れました。
    ホッ。
  • 最終的には、3220gの女の子を無事出産。

    その件があった以降は、鉄分不足を指摘された事が一度あるくらいでした。その時は鉄剤を処方されました。
    普段、風邪を引いてもほぼ医者に行かず自力で治しますし、薬など家族に強要されない限り、殆ど飲まない自分としてはなかなか不本意でしたが、子供のためには仕方がありません。
    筆者が住んでいる地域は、定期検診14回分全ての検診費用に充てられる助成券が貰えたので、フル受診することが出来ました。有りがたや…。
    諸事情でなかなか実現は難しいでしょうが、全ての地方自治体がこれだけ妊婦を厚遇してくれれば、14回を皆勤受診する妊婦はもっと増えるだろうに…と思う事しきりです。

    私の場合、結婚と同時に仕事を辞め、再就職先を決めた直後に妊娠が発覚しました。
    つわりのピーク時が入社間もない会社の繁忙期と重なり、しかし妊娠検査薬で陽性反応は出たものの、諸事情により夫の扶養に入る手続が大幅に長引いた為、その時期に保険証が無かったのが痛かったです。
    どんなにつわりがツラかろうとも、産婦人科に、妊娠確定の保証を取り付けに行かれなかったもので…。
    お蔭で、つわりの事を誰にも相談できないまま、入ったばかりの職場で30分~1時間に1回はトイレに立つという、やや挙動不審な新米オペレーターになってしまいました。

    それでもつわりが収まって来た5月下旬からは、体調も良く食欲旺盛で暑い夏を乗り切り、そのまま妊娠9カ月に入る10月初旬まで、快調に職務全うすることが出来ました。
    電話オペレーターという完全な座り仕事で、対面接客をしない為服装の規定も緩やかだったこと、上司が皆さん若く理解が有り、社内の空気も風通しが良い事など、多くの面で恵まれた職場でした。
    実はその一つ前に、派遣で入社したオペレーターの職場があったのですが、自宅から交通の便が悪い上、とても仕事の難易度が高く、社内ルールもめっぽう厳しい会社でした。
    ついて行けなくて自ら辞退しましたが、あの会社で頑張っていたら、あんな快適な妊婦ライフを送る事は到底ムリだったでしょう。
    出来が悪くて良かった…。

みんなへメッセージやアドバイス

私の知り合いの先輩ママさんで『妊娠中もコーヒーを毎日ガブガブ飲んでた』という強者がいます。
しかもその方が産んだお子さんは、とても大きな赤ちゃんだったそうです。
やはり、妊娠出産とは個人差がとても大きいものなのですね。
赤ちゃんが大きいだけでなく、母体も太り過ぎて、9ヶ月時点でのウエストが1メートルに達していたそうですが…。
低体重児のリスクとは別に、妊娠中のカフェイン過剰摂取のリスクとして、生まれた子供の将来の肥満体リスクが高くなるそうです。
実際にこの先輩ママさんのお嬢さんは、現在横に大きくお体がパンパンで、サイズの合う洋服がなかなか無いそうです。
やはり、妊婦のカフェイン摂取量は、いつもよりグッと少なめにしておくのが無難そうですね…。
0

妊娠25w前後の体験談

上へもどる