カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 陣痛 >
  5. 症状・痛み >
  6. 23時50分。ついに来た!!まちがいない、陣痛だ!!!
症状・痛み

[39w]23時50分。ついに来た!!まちがいない、陣痛だ!!! [妊娠・出産の体験談]

2781人に読まれました
2015-10-03 09:02
妊娠後期、若干便秘気味だった私が心配していたこと。それは、陣痛の痛みは陣痛だとちゃんと分かるのか??余計な心配だったと思いました。ちゃんとわかります。笑 初産だから時間がかかるだろうと思いきや、進みの早さにじぶんでもびっくりです。
  • トイレに行ったら出血が。これが噂のおしるしか!?

     23時30分頃、同居していた従姉妹と話をしていた時でした。ふと下着がぬれた感覚があり、おりものかなーと思ってトイレに行きました。下着にピンク色の、おりものというには量の多いものが出ていました。これ、ひょっとしておしるし?!
     その後少し腹痛を感じ始めたので、ん?便意か?と思いそのまま座っていたけれど、便が出るどころか、痛みがだんだん強いものに変わってきました。治まってからトイレを出て、従姉妹に「陣痛きた!でも、初産だし、まだ前駆陣痛だろうからしばらく時間かかると思うわぁ。一晩寝て、明日の朝には病院かなーー」と話しました。偶然ながら前駆陣痛が始まった時、時期的に仕事に追われていた旦那が帰ってきました。旦那にも陣痛を伝え、シャワーを浴びました。いつ入院になってもいいように準備をしておこうと思ったのです。
     シャワーを浴びている間も、一定の間隔で陣痛に襲われていました。ちょっと間隔が狭くなった?!初産は時間がかかると余裕ぶっこいていたあたしは少し慌ててお風呂を出ました。そして、あらかじめ取っていた陣痛間隔のアプリを起動し、ベッドに横になったのです。
  • まさかの7分間隔。そして、5分、3分へと・・・

     万一の破水に備え、防水吸収シートをお尻に当てて横になった私は、隣で慌てる旦那よりは、はるかに落ち着いていました。黙々と陣痛を記録するものの、夜中の1時を回った時点で、既に7分間隔になっており、担当の助産婦さんに電話しました。助産婦さんは「落ちつける為に暖かいハーブティーでも飲んでもう少し待って見て。1時間経ってまた電話して。」そういって電話を切りました。
     が、10分後。既に陣痛は3分間隔になっていました。ヤバイ、思ったより進みが早いわ…。1時間も待てない。旦那に伝え、助産婦さんに電話してもらい、30分後に産婦人科で落ち合うことになりました。即入院荷物を持って、車で病院に向かいます。夜中だったので、幸いにも道路はガラガラ。10分足らずで病院に到着。
     あまりの進みの早さに担当の助産婦さんを待たずして、夜間当直の担当医が陣痛室へ案内してくれ、迅速に入院の手はずを整えてくれたのでした。

みんなへメッセージやアドバイス

初産だからと時間がかかるとは限りません!!陣痛が来たら、とりあえずいつ入院になっても良いように準備を整えておくことをオススメします。
3

妊娠39w前後の体験談

症状・痛みの関連カテゴリ

上へもどる