カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 高齢出産 >
  4. リスク・トラブル >
  5. 海外で出生前診断 37歳で初めての妊娠&出産
リスク・トラブル

[14w]海外で出生前診断 37歳で初めての妊娠&出産 [妊娠・出産の体験談]

6151人に読まれました
2016-09-05 15:24
みなさんは出生前診断されましたか??
出生前診断をすることには、いろいろな意見があると思います。日本ではこの出生前診断をすることが生み分けになってしまうのではないかという懸念があるようです。
  • 血液検査で染色体異常を確認

    私は海外在住のため、病院から勧められて出生前診断をしました。37歳で初めての出産ということもあったのと、海外では国にもよると思いますが、出生前診断をすることに日本ほど抵抗がないようです。
    先生からは強制ではないけれど、いくつかあるうちの出生前診断の一つは受けるべきだと言われていました。
    それには、赤ちゃんに何らかの障害がみつかって残念な結果を招いてしまうこともあるが、それでも生むと選択したご家族には赤ちゃんの誕生に備えて知識を増やしたり準備をしたりする期間を前もって用意してあげることができる為とも言われました。

    私が選択したのは、血液検査で染色体異常が確認できる出生前診断でした。
    染色体の検査なので、ダウン症はもちろん性別もわかります。
    価格は日本円で17万円ほどしたと思います。

    この診断は割と早い妊娠15週目辺りに行いました。結果が出るまで2週間ほどかかります。
  • 出生前診断を受けてよかった

    私はこの出生前診断をしたことを良かったと思っています。

    私たち夫婦はこの出生前診断をすると決断する前に「どんな結果でも受け入れて出産までがんばろう」と決めていました。
    障害があっても生むのなら出生前診断をする必要がないと思われる方もいるかもしれません。
    でも、もしも出生前診断で障害が見つかったとしたら、この子が生まれるまでにいろんなことを勉強してたくましいお母さんになろうと決めていました。
    もちろん、簡単なことではないと思います。でも、準備をしていて出産を迎えるのと、何も知らないまま出産を迎えて初めて障害のことに気づくのでは全く赤ちゃんにしてあげられることが違うと感じたからです。

    周りの意見を聞くことも大事ですが、赤ちゃんを育てるのは自分たち夫婦です。
    病院の先生から出生前診断のお話が出た時にはご夫婦でしっかりと話し合い決めてくださいね。
2

妊娠14w前後の体験談

リスク・トラブルの関連カテゴリ

上へもどる